【初コメント大歓迎】フリマの相談はコチラから!

【本を汚せ】メルカリで本を売らない理由【そもそも読む目的は?】

私は電子書籍しか買わないので、メルカリで売りません!電子書籍を買おう!

という話ではない。私はメルカリで本を購入しているが、売ることはない。その理由を解説する記事だ。

きゃたぬき
きゃたぬき

きゃたぬきです。ツイッターYouTubeでも発信しています。

記事のざっくり要約

売る前提では本を汚さないよう慎重になり、読書に集中できなくなる。ハズレ本・小説・漫画以外のジャンルは、売らない前提で読書し、内容理解を深めるべきだ。

そもそも本を読む理由とは

偉大なる先人は「本を読め」と必ず言っているが、なぜ本を読む必要があるのか。その最たる理由が問題解決だ。人間関係の円滑な進め方から、投資商品の選び方、果ては犬の気持ちまで。特定の悩みを解決した方法をまとめたものが書籍なのだ。

メルカリで売る前提の弊害

しかし最近、メルカリで売る前提で本を読んでる人が多くなった。もちろん売れるに越したことはないが、中には丁寧すぎる読書を心がける人がいる。

私は彼らに警鐘を鳴らしたい。物を大切にするのは結構だが、本を買った目的は「問題解決」ではなかったか。丁寧に読み過ぎた結果、内容が入ってこないし生活も変わらない。そんな人は少なくないだろう。

図書館で借りるのと同じ

図書館の本を想像すると理解しやすい。無料だからと借りたものの、あまり内容が入らなかった経験はないだろうか。これは丁寧に扱わないと…とストレスを感じ、読書に集中できなかったことが原因だと、私は体験から確信している。

「メルカリで売る」前提の読書も同じ現象が発生する。むしろ図書館よりも丁寧に扱うことで、より理解しにくくなるだろう。宣伝用の帯・挟まっている広告などに気を遣いながら読んでいるなら尚更だ。

本は汚しながら読む

雑に読むことで本が汚れ、売却価格が安くなるのを避けたい。この心理はわかるが、本来の目的を見失ってはいけない。むしろ私は目的達成のために、売らない前提で読むべきだと考える。綺麗な状態で売値が高くても、内容理解が進まなければ時間とお金を浪費しているだけだ。

何より本は安い。売れない程に汚れてしまっても、失う金額は大抵2,000円以下だ。内容理解が深まっているなら十分費用回収できている筈だ。

綺麗に読めてしまう人へ

もちろん、綺麗な状態を維持したまま読めるし内容も理解できる人もいるだろう。そんな人を私は尊敬する。…ただ、そんな優秀な人が本を汚しながら読書できたのなら、更に有意義な読書となると思う。丁寧に扱わねばならぬという足枷を外そう。

綺麗な状態で売る本

とはいえ、全てを汚して読書しろとは言っていない。中でも「ハズレ本」「小説・漫画」に関しては売却を検討するべきだ。

ハズレ本

結果論ではあるが、読書を進めるとハズレ本が出現する。買ってはみたものの、自分には刺さらなかった類だ。これらは数回めくった程度なので「目立った傷や汚れなし」で売れるだろう。

個人的は見解だが、直感で微妙だと思ったら読む必要はない。他人がなんと言おうとあなた自身の経験が「微妙…」と言ってるなら、あなたにとってその本は高確率でハズレ。無理して読了するなら値崩れする前に売った方がいい。ただし普段から本を読んでない人が直感に頼ると全て微妙…になる点は注意。

積ん読しても読まない

積ん読(読まずに自宅保管)という手段もあるが、自宅を圧迫するだけなので非推奨。「買ったけど読んでないんだよなぁ…」という自己嫌悪を引き出すのも辛い。それに発売間もない書籍であれば、定価近い金額で売れやすい。時間経過と共に相場も下がるので、損失を抑えて次の本を購入した方がいいだろう。

小説・漫画

2回3回も読みたくなる小説は稀なので、綺麗に読んでなるべく早く売ってしまおう。メルカリサイクル(購入して売却)をすることで損失を数百円で済ませられる筈だ。漫画に関しても同様。気に入ったら保存すればいいし、もういいやと感じたら売ればいい。


これらに限って、メルカリで売ってもいいだろう。だが冒頭でも話した通り、私はメルカリで本を売っていない。その理由と処分方法を紹介する。

メルカリで売らなくても良くない?

私が本を売るとき、以下の手段を用いる

  • ラクマ:新品に近い
  • ブックオフ:中古

上記をメルカリより優先する理由も併せて解説する。

ラクマ(新品に近い)

購入して微妙だった新書は、基本的にラクマで売却している。メルカリよりユーザー数は少ないが、それでも1千万ユーザーを抱える2番手、売れやすさも許容の範囲。手数料6.6%で送料も安い。使い勝手が大きく変わらないならラクマを優先するのが自然だ。

加えてラクマは楽天ポイントでの買い物も可能。書籍類は単体が安いため、期間限定ポイント消費の買い物も多い気がする。これらの要素を踏まえて、私はラクマを書籍販売に愛用している。

PayPayフリマは向いてない気がする

ちなみにPayPayフリマに関して。手数料も最安値なので最善の選択肢と思いきや、そこまで売れなかった。これは推測だが、PayPayフリマは初回クーポン消費目的で購入する人が多く、本の購入では使われにくい背景がある…と思っている。

まぁライバルが少ない環境なので、あえて狙ってもいいだろう。判断は各々に任せる。

ブックオフ(中古)

状態も悪いし、売れたとしても数百円の本は全てブックオフの宅配買取を使っている。当然メルカリで売った方が高くなるのは承知の上。だが手順の簡単さが嬉しいのだ。

フリマアプリは出品しても売れなければ処分できない。そしていつ売れるかは誰にも分からないのだ。自宅に無限のスペースがあれば気にしないが、私は読了した本を自宅に保管したくない。とはいえ捨てるのも気が引ける。

そこで宅配買取を愛用している。本を適当な段ボール・紙袋に詰めて回収に来てもらう。これだけで勝手に売上金が入ってくるのだ。捨てるよりマシだし、すぐに処分できるスピード感は嬉しい。

【併用で最強】フリマ全盛期に『ブックオフの宅配買取』を使うべき理由【おすすめ活用術】

まとめ

  1. 本を読む目的は、その内容から自身の問題解決を図ること
  2. 理解を深めるために、本を汚しながら読む
  3. 綺麗な状態で売るのは「ハズレ本・小説・漫画」
  4. 新品はラクマ・中古品はブックオフがお勧め

最後に

ちゃぶ台をひっくり返す話だが、本を買わずに問題解決できるならブログ記事でも要約動画でも何でもいい。先人たちが「本を読め」と言うのは、内容が良質でコスパが良い問題解決手段だからに他ならない。

本を何冊読もうが、目的を達成できなければ生活は変わらない。今回の記事をきっかけに、何故この本を読むのか?手に取った理由は何か?自身の行動を改めて考えてみてほしい。

YouTubeでも、情報配信中!

チャンネルでは、一般フリマユーザー向けに

  1. イライラしない考え方
  2. ちょっと売れやすくなるコツ
  3. 知っておくと便利な情報

などを定期的に発信しています!

また、今回のように皆さんの素朴な疑問に、できるだけ回答する企画もあります。

◆きゃたぬきのYouTubeチャンネルはこちら!

以上、参考になれば幸いです。

それじゃあ、また!