【初コメント大歓迎】フリマの相談はコチラから!

【賃貸&モバイルWi-Fi】光回線への誤解!我が家の通信事情

YouTubeを始めて3年近く経過するけど、通信環境が酷くて悩んでいた。結論を先に言うと光回線の工事をすることになったが、そこまでの過程をざっくり紹介する。同じ状況の人たち、特に賃貸に暮らしつつモバイルWi-Fiを使っている/検討している人の参考になれば幸いです。

きゃたぬき
きゃたぬき

きゃたぬきです。ツイッターYouTubeでも発信しています。

この記事は徹底的に専門用語を省いて解説していきます

ざっくり概要

  1. 賃貸マンションに引っ越す。大家に工事許可をもらうのが面倒なので光回線は断念。モバイルWi-Fiなら通信速度も気にならないし、外でも快適じゃん!←地獄の始まり
  2. どんなときもWi-Fiを契約後、某事件が発生するまで使う。その後は同じモバイルWi-FiのBroad WiMAXに乗り換え。
  3. 「3日10GBまで超高速」に誘われて利用するも、簡単に制限突破。夜の動画視聴が困難になる。この辺りでモバイルWi-Fiを信用した自分を呪い始めるが、3年契約なので詰み。
  4. 楽天モバイルが登場。エリア対象なので1年間高速通信できる!…と思ったら自宅では電波が悪い。窓際にスマホを置かないと電波が入らないが、少しだけ快適になる。
  5. mineoのパケ放題Plusが登場。ドコモ回線を使えるので自宅でもある程度快適に。モバイルWi-Fiとの併用で今まで生活する。
  6. YouTubeが軌道に乗り始め、動画配信なども検討中。大家に回線工事の許可を確認「穴を開けなければいいよ〜」今まで何をしていたのか…

「賃貸で光回線?無理に決まってるだろ!」

妻の社宅で同棲していたのだが、流石にワンルームで2人は狭すぎたので引っ越した。その際に通信設備をどうするか問題が発生した。安易な私の判断は以下の通り

  • 光回線:なんか難しそう。工事する必要あるし、大家に許可取るのも面倒。原状回復?の時に困るじゃん!
  • モバイルWi-Fi:光回線の上位互換!(←全く違う)外出先でも使えるし、これ以外なくない笑

書いていて分かる、阿呆か俺は。何も調べず考えていた過去の自分を平手打ちしたい。だが無知な私はそう信じ込み、モバイルWi-Fiしか検討していなかった。ちなみに後で分かった事だが、光回線の工事は穴を開ける事が少なくなっている。

その当時のWi-Fiを検索してみると、なんと完全無制限のWi-Fiが存在するらしい。「どんなときもWi-Fi」という奴だ。これは凄い!仕組みはわからんが某チャンネルでも宣伝してたから、君に決めた!

どんなときも繋がらないWi-Fi

地獄はここから始まった。契約して3ヶ月くらいは問題なく使えてた「どんなときもWi-Fi」が、次第に接続不良を起こすようになった。末期は回線速度が超遅く、電話回線でパソコンを使っていた時レベル。現代の水道インフラに等しいネット回線が遅いのは死活問題。

案の定と言うべきか、しばらくして「どんなときもWi-Fi」が大問題となった。その時期の我が家の通信環境は終わっていた。妻のdocomo回線のテザリングを使っていたが、格安SIMなので節約しながら使っていた。近くのセブンWi-Fiでアマプラ動画をDL→自宅で観る方が多かったといえる。

今になって思うのだが、初期こそまともに無制限だった事が諸悪の根源。事件が発生したものの、モバイルWi-Fiでも十分に通信できてたじゃん!と思い込んでしまったのだ。初めから通信障害を経験していた方がマシだった可能性すらある。

乗り換え先はBroad WiMAX

どんなときも事件後、すぐWi-Fi乗り換えを決意。頭の片隅に漠然とあった「UQ WiMAXってのがいいらしい」という情報を鵜呑みに検索。本当に阿呆。その結果、Broad WiMAXに辿り着いた。理由は覚えていないが、モバイルWi-Fiの本体(2万円前後)が無料!という言葉に釣られたのだと思う。阿呆。後述するがテザリングで十分なので、モバイルWi-Fi自体がいらない。

契約内容は「使い放題だけど、3日の合計が10GBを超えたら制限かけるよ!」ってもの。どんなときも繋がらないWi-Fiを経験した私に死角はない。どの程度か不明だけど、そんな使わんでしょ笑と安易に考える。使い始めて数日すると理解する。こんな簡単な基準はない。すぐに超えてしまう。

制限後の通信速度は1Mbpsというもの。簡単にいうと「YouTubeの低画質モードなら見られる速度に制限する」って内容。だがこれは罠である。1台のパソコンで操作するなら問題なくとも、家中の電子機器とつながっているのだ。それら全ての総量が「1Mbps」である。ゲロ遅い。

ちなみに速度制限は午後6時〜翌日午前2時までの間のみ。それ以外は通常通りの速度で通信できる。でもこのメリットはほぼ享受できない。私のような在宅ワーカーはともかく、会社員がこの時間にモバイルWi-Fiを使える訳が無い。そして家に帰って動画を毎日2時間でも見ていれば簡単に制限突破するだろう。偏見です。その状態だと常に低速通信しか利用できない。かなりストレスになります。

契約を破棄したいが、3年契約縛りなので違約金がべらぼうに高い。何より衝撃の事実。イライラしながら調べていると、Broad WiMAXだけではなく、基本的なモバイルWi-Fiは、同様の制限(3日10GB)らしい。つまり乗り換えても大差ないって事。もう嫌…みんなどうやって暮らしてるの?←光回線

えっマンションに光回線が!←罠

速度が遅い中で暮らしていると衝撃の事実が発覚。マンションによっては光回線がすぐ使えるらしい。検索をかけてみると、私のマンションはフレッツ光の回線が備わっているではないか!でも賃貸契約の時にそんな項目はないんだけど…(後で事実がわかる)

これはすぐに契約だ!…とはならなかった。流石にそこまで馬鹿じゃない。何度騙されたことか…(自滅)徹底的に調べている内に、使える光回線に数種類あることが判明した。用語を省いて簡単に説明する。良し悪しを見分けるには部屋のコンセント部分をチェックすればいい。

  • 光:光回線をそのまま使える。
  • LAN:光回線もどき。速度が遅く、時間帯によって更に遅くなる。

【光】と漢字で書いてあればOK。LANと書いてあれば残念。私の家にあったのは…!LANでした。マジか。でも光回線なのに速度が遅いって、どういうことか?下の図をご覧ください。

どちらも光回線をマンションまで引いている。しかし問題はここから。マンション管理室から各部屋までの接続方法が重要。光回線をそのまま引いていれば爆速でインターネットを使える。一方でLAN方式を使っている場合、光回線なのに低速通信になってしまうのだ。もはや詐欺だろこれ…?不動産屋に確認した所、これが原因で賃貸契約書に載せなかったらしい。ちなみに隠して載せてる所もある。親切な不動産屋だったと心で感謝した。

ちなみに厳密にいうとVDSL方式って名前です。でも説明を省いてます。知らなくていい。とにかく光と書いてある穴を探してください。LANしかなければ終わり。絶望です。

楽天モバイルで少し救われた

モバイルWi-Fiの呪いを受けつつも、制限のある生活に慣れてきました。そんな時に楽天モバイルが登場。当時は1年間無料&大手キャリアと同レベルの通信速度らしいと聞いていたので、物は試しに契約。結果は大満足。携帯料金も月1500円から1年間無料となり、私の住む大阪では楽天回線で全く不満ありません。

しかし残念ながら、私の賃貸の壁は分厚かった。窓側一部だけは電波も入るものの、家の中は圏外続出。SNS依存がなくなったのは救いかも…とか言いつつストレス急上昇。しかし、別の活路を見出すことに成功する。

  • 楽天回線:窓側しか受信しない。でも無制限で高速
  • モバイルWi-Fi:3日10GB。すぐ制限にかかる

楽天回線を有するiPhoneを窓に完全固定し、テザリング機能で生活すればいい。すると以前までの生活が改善された。まぁ4K 動画とか見られないけど、見ないし関係ない。iPhoneの利便性が落ちたけど、それ以上に効果があったのは事実だった。この状態で無料期間の1年間を生活していた。

ちなみにこの時期からYouTubeチャンネルが軌道に乗り始めた。動画アップロードは基本的に楽天モバイル回線を利用していた。本当にお世話になった。

mineoパケット放題Plusの登場

楽天の無料期間は終わりを迎え、大手キャリアもahamoなどの安くてそこそこマシなプランが乱立するようになった。それでも楽天は凄い。使い放題で月3000円。安定かつ速度もある生活は続いていた。

そこで2021年7月からmineo パケット放題Plusという革命的プランが登場した。楽天回線よりも速度は遅いが、1.5Mbpsという丁度いい通信速度を、ある意味無制限で使えるのだ。これはYouTubeの低画質は余裕で再生できるレベル。前述したBroad WiMAXの制限速度より早いし、流石に2台使えばそこまで困らない。

詳しくは別記事で触れるが、料金は月1600円程度。楽天回線のメリットは失うものの、半額で更にこの速度を維持できるのであれば問題ない。何よりdocomo回線を使えるので、自宅のどこでも安定回線でスマホが使えるのだ。この差は大きい。

執筆現在(2022/05/02)もBroad WiMAX+マイネオ パケ放題Plusで生活をしている。基本はモバイル、速度制限になったらマイネオにテザリングして動画を見る。この流れが最高に便利。

もう一度、光回線について調べる

…しかしテザリングに切り替える手間が面倒になってきた。窓際スマホだった以前よりマシとはいえ、面倒に変わりない3年近く経った今、光回線についてもう一度調べ直してみた。チャンネル登録者も増え、交流として生配信に興味がある。しかしモバイルWi-Fiの回線では話にならない。その動機が私を動かしたのだ。

ちゃんと調べると、どうやら誤解が多かったらしい。

  • 光回線は工事が面倒開通まで3ヶ月程度かかる。しかし工事は簡単である。
  • 工事すると賃貸は無理:物件によるが、エアコンがあるなら基本穴あけしなくてOK。
  • 大家が許可してくれない聞いてみたのか?(←重要)工事をさせてくれない物件なら、むしろ出た方がマシまである

大家にダメ元で確認を入れてみた。今住んでる物件は立地も良くて最高です。転勤さえ無ければ5年は住み続けたい。でも回線が遅すぎる。マンションはLAN形式だから遅い。モバイルWi-Fiも通信速度制限がキツい。お願いです、光回線を引かせてください…!この文章を何倍も丁寧にして問い合わせしてみた。

半日後「穴を開けなければOK」という素っ気ない回答が届いた。私の3年間は何だったのか…。引っ越した時、光回線に対する偏見が無ければ、今まで快適な通信環境で暮らせていたのに…!非常に後悔している。その気持ちをぶつけるようにこの文章を書いています。

ちなみに光回線の工事(ビス留め)だが、これは電線→ベランダ→部屋に回線を繋げる時、ベランダにしっかり固定する装置をつける為の工事だ。しかし最近は穴あけしない工事が可能で、多くの賃貸で対応できる…らしい。便利な時代になった。

昔の私に言っておきたい。

  • 光回線は面倒じゃない。ただ開通まで時間が必要になる。
  • 大家さんにしっかり確認すること。案外すんなり行くこともある。断られたらその時考えよう。
  • モバイルWi-Fiはお勧めできない。というか「テザリングでいいじゃん」と気付いた。楽天回線かマイネオを使いましょう。

色々と考えた結果、NURO光の開通工事を依頼して今に至る。もしかすると開通できなかったり、穴あけが必須になってしまった…などの現象も発生する可能性がある。その時はまた追って報告します。

以上、賃貸とモバイルWi-Fiに振り回された私の生活日誌でした。参考になれば幸いです…涙

きゃたぬき
きゃたぬき

ちゃんと調べないと、

数年間を低速通信で過ごす事に…涙