【売れない】絶対にしてはいけない、商品説明の一言

こんにちは、きゃたぬきです!

最近、何だか商品が売れない…
いつもこれだけ売れ残る…
いいね!は多いのに、なんで売れないんだ?

そう思う人は、
説明文にある、たった一言が原因かもしれません。

今回紹介する5つの例は、
書いたら最後、
ユーザーが離れる事、必至の内容です。

きゃたぬき

悪い例を知り、
売れる商品になる様、しっかりと学んでいきましょう!

解説動画:【メルカリ】絶対に書いてはいけない、商品説明の一言

このブログ記事は、下記の動画でも詳しく解説してます!

 

 

「購入する際は、コメント必須」

この文章を書いてはいけない理由。

それは非常に簡単で、「めんどくさいから」です。

…いやいや、 コメントするだけなのに、面倒なわけないじゃん!

そう思いませんでしたか?

きゃたぬき

面倒なのは、出品者(あなた)の事です…!

コメント必須は、ローカルルール

「メルカリガイド(メルカリの取引に関するガイドライン)」には、

以下の記述があります。

メルカリガイドラインの引用

https://www.mercari.com/jp/help_center/article/263/

手軽さが魅力のフリマアプリで、

相手に行動を強要する独自ルールは、トラブルの原因になるのです。

非常に魅力的ならともかく、「なんか面倒な奴だな…」そう思われた時点で、他の商品に逃げられてしまいます。

今回紹介する、他の一言にも共通する大切なことです。

しっかり、覚えておきましょう。

どうしても書くのなら…

商品や状況によっては、

コメントが必要なこともあるでしょう。

具体例!
 冷蔵庫などの大型家電を売る時は、購入者と出品者の予定調整が必要ですね。

大切なのは、コメントが必須な理由を伝えることです。

加えて、「最悪コメントがなくても良い」と、出品者は心得ておきましょう。

購入意思のない、いいね!お断り

フリマに慣れている人じゃないと、意味がわからないかもしれません。

「なんで、いいね!を断る必要があるのか…?」

まずは、書く理由からお話しします。

いいね!は多いが、売れ残った商品に使う

いいね!が30件近くあるのに、全く売れない商品があるとします。

一般的に「いいね!=購入意欲がある人」なので、

数が多いほど人気の商品だと言えます。

… しかし、いいね!が多いのに、売れない商品が存在します。

なぜ?
値下げ待ち、他社との比較材料、不安に感じるなど、様々です。

きゃたぬき

このテーマは奥が深いので、改めて紹介します。

買わないのに、何がいいね!じゃ!

大勢がいいね!してるのに、誰も購入しない。

一見すると、不思議な状況です。

そして、慣れてきた出品者ほど

「なんで、押したのに購入しないの?」とイライラしてしまいます。

いいね!を押す理由とは

いいね! を押すタイミングは人それぞれです。

  • 購入を検討している
  • 同じ商品を出品する参考
  • 閲覧した商品にいいね!を押す(搭載機能)

購入意欲と、いいね!は、必ずしも結びついていません。

そして出品者目線では、

誰がどんな目的で押したのか。検討がつきません。

じっくり考えて購入する人なら良いのですが、

商品比較して、他の人から購入し、いいね!を消し忘れた、

なんて購入者も多いです。

こう言った要素に、振り回されたくない。

だから、【購入意思のない、いいね!お断り】と書くようになったのです。

書く必要性がない

先程のコメント必須は、状況に応じて書くべき時もあります。

いいね!お断りは、書く必要、全くありません。

「面倒な出品者」の烙印を押され、逃げられること間違いなしです。

きゃたぬき

早く商品を売りたいのなら、書かないで!

因みに、いいね!を減らしたいなら、再出品しかありません。

値下げコメント、即削除します

フリマアプリの醍醐味「値下交渉」ですが、

なるべく避けたいな…と思う人もいます。

そんなユーザーの中には

  • 「値下げはご遠慮ください」
  • 「値下げNGです」

など書いている人も多いでしょう。

そんな中でも、

「値下げコメント、即削除します」は、オススメできません。

… とは言っても、上2つの内容と何が違うのか?

一見すると、同じ内容に見えますよね。

値下げ不可と、何が違うの?

この文章は「コメントするな!」という強い圧迫感を与えるのです。

もちろん出品者は、

そんな気持ちで書いていないと思います。

でも、そう見えてしまうのが問題と言えます。

購入者からすると「商品への質問も受け付けてくれない」「横柄な態度が気に障る」と感じられます。

いわゆる「言い方で損をする」パターンですね。

どうしても書くのなら…

値下交渉を断りたいなら

  • 「値下げはご遠慮ください」
  • 「値下げNGです」

といった表現で十分です。

もちろん、これを無視して交渉してくるユーザーもいますが、

購入されにくい要素はありません。

〇〇な方、ブロックします

○の中は、ユーザーによって異なります。

よく使用されるのは

  • 書いてある内容を質問される方
  • (値引き不可と書いた上で) 値引きコメントをされた方

上記の2種類です。

きゃたぬき

もちろん、書いてはいけません!

悪質ユーザー「以外」も、逃げ出してしまう

この文章を使う方の大半は

過去の取引で、嫌な目にあった人」だと思います。

 値引き不可の商品に値引き交渉する人、割といます。

そういったユーザを避けるために、書いたのでしょう。

効果はあるのですが、効きすぎです。

嫌な人も避けられますが、健全なお客さんも逃げてしまいます。

書き方で損するケース

再三ですが、「面倒な出品者」から商品を買いたい人は少ないです。

その上で、

「〇〇な方は、ブロックします」と書いてある商品を

もう一度、見て下さい。

…嫌な気分になりませんか?

これも「値下げコメント、即削除」と同じく、

書き方で損をしています。

大切なこと
購入者は、「あなたから」商品を買う必要はない。

どうしても書くのなら…

説明文に書いてあったり、

検索すれば分かる内容を、質問されたくなければ…

  • ◆説明文をご覧の上、詳しい仕様等はメーカー公式にお問い合わせください◆

の様にしてみましょう。

やんわりと、丁寧な表現を使いましょう。

きゃたぬき

文章の前後を装飾して、目立たせるのもオススメ!

NC・NRでお願いします。

「ノークレーム・ノーリターン」の頭文字を取って「NC・NR」

返品お断り、を言い換えた表現です。

この表現に関しては

記載すること自体が禁止行為となっています。

きゃたぬき

そもそも、書いちゃ駄目です…!

返品不可は、そもそも禁止

メルカリガイドには、返品について以下のような記述があります。

 

メルカリガイドの記載

https://www.mercari.com/jp/help_center/article/904/

よく勘違いされますが、NCNRを含め、

返品に応じないと言う内容を記述した時点

禁止行為に該当します。

どうしても書くのなら…

「納得した上で」購入を促すしかありません。

例えばジャンク品(完全に壊れているもの)などを販売する時、

商品状態にケチをつけられる筋合いはありません。

かといって、返品不可は書けない為

  • この商品は完全に壊れています。修復も困難なため、ジャンク品(ゴミ)として出品いたします。
  • 商品の状態に納得頂いた上で、購入をお願い申し上げます。

といった説明文を書くしかありません。

書くべき内容をしっかり満たして、それでもトラブルに当たるケースは極々稀です。安心して下さい。

記事のまとめ

もう一度、おさらいしましょう。

  • 購入する際は、コメント必須
  • 購入意思のない、いいね!お断り
  • 値下げコメント、即削除します
  • 〇〇な方、ブロックします
  • NC・NRでお願いします

「面倒な出品者」にならないために…

「嫌なユーザに当たりたくない」

「自分が満足する相手じゃないと売りたくない」

その気持ちはわかりますが、これらの表現では逆効果です。

きゃたぬき

相手(購入者)から、嫌なユーザーと思われるかも…!

大丈夫です!そんな変な人ばかりじゃありません笑!

購入者にとっても、

そしてあなたにとっても

気分の良い取引ができるように、一緒に心がけていきましょう!

それじゃあ、また!