【初コメント大歓迎】フリマの相談はコチラから!

【割と遅い】登録者1000人までかかった時間を公開します

こんにちは、きゃたぬきです!

今回は、私自身の「チャンネル登録者:1000人までの道のり」を公開します。

こんな人向けの記事です
  • チャンネル運営者の、具体例を知りたい
  • ゆっくり収益化したパターンを探している!
  • まだ収益化できなくて不安…

特に「収益化の見込みがないのか…」と不安な人へ向けて書いています。

念を押しておきますが、私の体験談ですからね!

きゃたぬき
きゃたぬき

再現性は、皆無ですよ〜!笑

それでは、早速紹介していきます。

きゃたぬきって、何してる人?

YouTubeチャンネルのおすすめおすすめ
YouTubeメインで活動しています

「そもそも、貴様は誰だ?」って人もいるでしょう。

ざっくり言うと、こんな情報発信をしています。

  • メルカリなど、フリマアプリの情報発信
    • 中国輸入せどりの経験を活かす
  • フリマ最新機能の紹介・レビュー
  • 商品の上手な売り方や、トラブル対応方法
  • 視聴者の質問に回答するコーナー

現時点(2021/11/10)の登録者数は「13900人」です。

余談ですが、こんな素人を、数多くの人が登録してくれる事実は、今でも感動を覚えます。

収益化までの時間

結論ですが、420日前後かかりました。

約1年2ヶ月ですね。

厳密に「動画投稿者として頑張るぞ!」と決意したのは11月くらいですが、誤差の範囲です。それにゲーム実況時代を含めたら丁度よく420日になります。

他の方は知りませんが、割と遅い部類だと思います。

ある美ちゃん
ある美ちゃん

初めて3ヶ月で収益化!みたいな人って

結構いるのよね〜

きゃたぬき
きゃたぬき

泥臭く、少しずつ達成しました… 涙

ちなみに、その時の収益は?

割と気になる人が多い「収益化達成した時点で、どのくらい稼げるの?」について。

答えは「約:月2万円」です。(もちろん、私の場合です)

本当は「23,456円!」みたいに言いたいんですが、Googleの規約により「具体的な収益額」を公表することができません。

きゃたぬき
きゃたぬき

本気で厳しいから、公表できません…

ぶっちゃけ、専業として続けるには少ないと思いますけど、動画はストック型の収益源(何もしないで稼げる)です。

「バイトも何もせず、毎月2万円入ってくる状態」って考えると、最高ですよね。

ちなみに、時給換算で5円です。単位間違ってないですよ笑

「気になる人の収益」を知る方法

ちなみに、気になるYouTuberの収益を知るには「noxinfluencer」というサイトがおすすめです。

具体的には出てきませんが、目安になります。

現状、私を分析すると「月収4〜14万円」となります。14万円も稼げれば嬉しいんですけどね…笑

収益化までの道のり

簡潔に書くと、こんな道のりでした。

ゲーム実況からスタート

30本ほど毎日更新を続けるが、登録者一人。

「誰も見てないのに、悠長に続けられるメンタルって何なの?」と煽られる

チャンネルを作り直し、「遠距離恋愛」専門に

自分の経験を語ればいい!と思い、遠距離恋愛の解消に向けたコンテンツを発信。

「副業で稼いで、会社辞めればいい」スタンスで稼ぎ方を指南。(ちなみに今も意見は変わらない。)

登録者12人。「正論より、寄り添うことの大切さ」を痛感する。

「フリマの使い分け方」だけ再生回数が伸びる

「メルカリとラクマの使い分け」動画が伸びる(とはいえ再生数100回くらい)

せどり経験を活かして、物の売り方・あるあるネタを投稿。

収益化、達成

YouTubeを始めてから約1年。

フリマに絞ってからは割と早いが、トータルで言えば遅め…?(主観)

細かい過去は「登録者5000人突破記念!」動画で語っていますので、そちらをご覧ください。

きゃたぬき
きゃたぬき

巧妙な宣伝って奴ですね…笑

最初のジャンルで、成功を目指すな

収益化を目指す人に伝えたいのが「動画ジャンルに固執するな」と言う話です。

もし、最初のジャンルに固執していたなら、私は今でも「ゲーム実況してるヒモニート」です。

巷には「最初から100本の動画を投稿せよ」みたいな話もありますが、少し違います。

「全く需要がないなら、50本目あたりで切り替えろ!」って注釈をつけるべきです。

視聴者の興味 ≠ 伝えたいこと

それに、「伝えたい内容」が、必ず届くとも限りません。

私は遠距離恋愛の解決策として「副業で稼げば、場所に関係なく働ける。とにかくお金を稼いで!」と発信していました。今でも間違っていないと確信しています。

しかし、遠距離恋愛する人が本当に求めていたのは「離れていても、意思疎通する方法」なのです。LINEのメッセージで心理戦する方が、往復の交通費を稼ぐよりも優先されていたのです。

これは一例ですが、「発信者の軸」と「視聴者のニーズ」がずれていれば、収益化は難しいのです。

お金を稼ぐのなら、他人が興味を持つ動画が必要になります。

受けのいい動画は、必ず出てくる

とはいえ、何に興味を持ってるのか?な〜んて、知っていれば苦労しません。

経験から助言しますと、「進みながら、軌道修正」がおすすめです。

過去の私は、遠距離恋愛の交通費稼ぎとして「フリマアプリ」を活用していました。

その時、「メルカリよりも、ラクマで売る方が儲かるな」と気が付きました。

詳しい理由は省きますが、パソコンやスマートフォンなど「高額で需要のある商品」は、ラクマの方が儲かります。

私はこれを「メルカリより都合がいいし、遠距離の交通費の足しになる!」と言う思惑で動画配信しました。

蓋を開ければ、遠距離関係なく(!)「フリマの使い分け方」と言うテーマで、人気になったのです。

他の試聴回数が10回前後なのに、これだけ100回超え…

藁をも掴む思いで、フリマに特化した情報発信へ切り替えました。

きゃたぬき
きゃたぬき

方向転換してなかったら、今頃…汗

方向性が分からなくても、進みながら軌道修正することができます。

大丈夫、ゆっくり進んでいきましょう!

記事のまとめ

今回の記事を要約します。

  • 収益化まで、約420日
    • 最初は「月収2万円」くらい
  • ゲーム実況、恋愛、フリマの順に方向転換
    • 軌道修正しないと、登録者1000人は厳しい
    • 伝えたいことに、必ずしも反応する訳じゃない

あくまで私の歩んだ道です。

それでも「約1年かけて1000人集めた」具体例として、伸び悩んでるYouTuberの参考になれば幸いです。

それじゃあ、また。