【初コメント大歓迎】フリマの相談はコチラから!

【YouTuber】私がメルカリのアカウントを公開しない理由【結論:フリマ情報発信者だから】

私はフリマアプリの情報発信をしつつ、輸入せどりを行なっている個人事業主だ。その関係で「きゃたぬきさんから購入したい!」「アカウントを教えてほしい」など問い合わせが届く。

しかし残念ながらアカウント公開する気は一切ない。今回はその理由を深掘りしていく。

きゃたぬき
きゃたぬき

きゃたぬきです。ツイッターYouTubeでも発信しています。

記事の概要

本記事のまとめです。

  1. フリマ情報発信者として公平性を保つ為
  2. 単純に住所バレが嫌
  3. 他の情報発信者だったら、ブランディング次第で公開しても良い…かもしれない。

理由1:フリマ情報発信においてNG

最も大きな理由として「フリマの情報発信をしてるから」が挙げられる。ぶっちゃけYouTubeやブログを運営していなければ全力で公開したい所だ(その場合は誰も私に興味ないけどね笑)

気分は良くないが一旦許してほしい。登録者1万人を超えるフリマ情報チャンネルを運営してる時点で、私は大半のメルカリユーザー(物販含む)より注目されている筈だ。違ったらごめんね。

私がアカウントを公開すれば、多少なりとも売れやすくなるだろう。「きゃたぬき自信が販売してる」という付加価値をつければ定価以上の価値が付く…かもしれない。私にとって金銭的に都合がいいのは事実だ。

しかし重要なのは、私がフリマに関する情報発信をしている点だ。アカウント公開した瞬間に、私の情報価値は暴落するだろう。一般ユーザーと同じ舞台にいなければ、情報精度が保てなくなるのだ。

私「最近、メルカリが売れやすくなりましたね〜」

視聴者「いや、お前がアカウント公開してるからだろ?

アカウント公開したことで「お前だけ売れやすくなってる」と疑われる事が問題なのだ。私がどれだけ弁明したところで、真偽を決めるのは視聴者自身なのだから。まぁ統計的に証明困難だし

売れにくくなる可能性もある

これは逆でも同じこと。私が思い上がってるだけで「たぬきあんち」が多い可能性もある平仮名だと可愛い。アカウント公開した事で不買運動が始まらないとも言えない。

私「最近、メルカリが売れにくくなってない?

視聴者「お前だからだぞ?

上記の状態になる。これは最悪のパターンで、情報発信者としても困るし、物販ユーザーとしても非常に困るのだ。


ともかく、私がアカウントを公開した結果

  • 売れやすくなる→情報発信の質が落ちる
  • 売れにくくなる→情報発信の質が落ちる&売れない

となる。いずれにせよ長期的に損失が大きい時点で、アカウント公開する気が一切ないのだ。

きゃたぬき
きゃたぬき

ちなみに副アカ作ったら

規約に引っかかるからね〜

理由2:単純に住所バレが嫌

後は小さな理由だが、住所バレするリスクを抑えたい目的がある。匿名配送できるとはいえ、画像1枚から住所が特定される可能性もある。個人情報の開示は徹底的に避けるべし。

ヤベェ奴に知られたくない

昔から私の心情は

価値観の違う奴とは関わらないし、避けた方がいい

である。これは今も昔も変わらない。

だがメルカリは月間2000万ユーザーが利用するサービス。存在を疑いたくなる阿呆がマジで現れる。そんな奴に住所を知られたら、一体何をされるのか分かったものではない。

もし仮にそんな人に遭遇したとしよう。相手は私のことを知らないだろうし、流石に素性特定までは難しい。しかし逆ならどうだろうか。「きゃたぬきじゃん」と分かった上でメルカリアカウントを調べたり、出品ページを解析してきた場合。床の模様から住所がバレてしまう…かもしれない。

予防線はたくさん作っておいた方がいい。だから私は公開していない訳です。

問題になったら警察に言えば?←当事者になっても同じこと言えるか?

もしかすると、この話を聞いて

「何かあれば警察に言えばいいじゃん」

とか言う人がいるかもしれない。でもそれは理想論だし綺麗事だ。当事者になった時にそんな余裕があるか?俺は絶対にできない。己の臆病さは分かっている。

余談:私以外は公開して良いと思う

これは余談だが、私以外の発信者・YouTuberがメルカリアカウントを公開するのは良いと思う(勧めてはいない) 主に金銭的なメリットが多い為だ。

先ほど冗談として言ったものの、好きな情報発信者が直に使った商品だ。たとえ定価より高かろうと購入したくないだろうか?

300円で購入した本を売る→1,000円で売却

3000円の美容機器→7,000円で売却

こんな現象は余裕で発生する。寄付はしないが、チャリティオークションが常に開催される状態だ。ファンなら出品を逐一観察することだろう。

ブランディングは考えるべき

とはいえ上記の行為は「金銭的に」考えた場合の話。発信者のブランディングは意識するべきだ。

〇〇(本人)が使った不用品をメルカリで売ってみた結果www

この行為を視聴者がどう捉えるのか、常に検討するべきだ。人によっては受け入れられるし、人によっては拒絶される。規約とか法律的には全く関係なく。

有名YouTuberで公開してる人はいる

名前は伏せておくが、チャンネル登録者30万を超えている人で、メルカリを公開している人がいる。その人は相場より若干高めで不用品を販売できているが、この行為は個人的に好き。

「買いたい奴は買え。文句あるなら買わなければいい」

って姿勢は本人のブランディングの賜物だし、視聴者も争奪戦を楽しんでいる様子。そもそもお金を払ってない人の文句は聞かなくていいのも事実だ。

誰がなんと言おうと、出品者と購入者が納得して取引開始する原則は変わらない。結局のところ「本人が使用した」という付加価値はファンにとって嬉しいものだ。嫌なら購入しなければいい。

ちなみに補足しておく。その人は出品専用の簡易撮影スタジオを使っている。これなら自宅バレもしないし安心だろう。住まいも東京23区なので尚更バレにくい。流石に用意周到だ。

本記事のまとめ

  1. フリマ情報発信者として公平性を保つ為、私はメルカリアカウントを公開しない
  2. 単純に住所バレが嫌。YouTube→メルカリの順番で狙い撃ちする様な人がいたら怖すぎない?
  3. 他の情報発信者だったら、ブランディング次第で公開しても良い…かもしれない。

YouTubeでも、情報配信中!

チャンネルでは、一般フリマユーザー向けに

  1. イライラしない考え方
  2. ちょっと売れやすくなるコツ
  3. 知っておくと便利な情報

などを定期的に発信しています!

また、今回のように皆さんの素朴な疑問に、できるだけ回答する企画もあります。

◆きゃたぬきのYouTubeチャンネルはこちら!

以上、参考になれば幸いです。

それじゃあ、また!

参考文献

フリマアプリ「メルカリ」、月間利用者数が 9月単月で2,000万人を突破 | 株式会社メルカリ https://about.mercari.com/press/news/articles/20211005_20millionmau/