【初コメント大歓迎】フリマの相談はコチラから!

【騙されるな】メルカリで使われる「嘘」を7つ紹介します。

こんにちは、きゃたぬきです!

今回は、フリマで使われる「7つの嘘」紹介します。

きゃたぬき

知らないと損しますよ…!

解説動画:知らないと騙される!?フリマに潜む嘘

このブログは、下記の動画でも詳しく解説してます!

1:〇〇値下げ!〇〇セール!

いつも安売りする店の画像

値段を下げないと売れない商品に、よく使われる文言です。

嘘の内容は「別に限定で値下げしてない」って事です。

最終値下げ!月末限定セール!など

街にあるアパレルショップをイメージするとわかりやすいです。一年中「20%OFF!」って掲げてますよね。それと同じ事です。

きゃたぬき

人によっては、値下げしてないのに「限定値下げ!」って書いたり…

考えてみると当然の話ですが、値下げしなくても、人気の商品は売れます。早い話、〇〇値下げ!と書かれた商品は【売れ残り】という訳です。

現に、街中のショップでも「売れ筋の商品」は、割引対象外のケースが殆どです。

◆さらに値下げできる

〇〇値下げ!という商品を見かけて、「本当に欲しい!」場合もあると思います。そんな時は、値下げ交渉をしてみてください。

「最終値下げって書いたのに、値下げできるの?」

そう感じるのも当然です。

しかし断言しますが、高確率で可能です。

  • 売れ残った商品に使うことが多い
  • 原価割れでも、売れた方がいい
  • 次の販売機会がいつ来るか、不明

以上の理由で、値引き交渉をして通じることが多いです。

無論、需要がないのに「高く売りたい!売りたいの!」って人もいますので、はねられる可能性もあります。しかし、戦略的に使ってる人なら、交渉に応じるはずです。

積極的に、値引き交渉をしてみましょう!

2:定価〇〇円

適当な定価を表示させて、お買い得感を演出する嘘です。

例えばですが、以下のようなケース。

定価とあるが、大半が適当です。

これには定価5,980円と書いてありますが、間違いなく適当です。

補足事項
何故わかるのか?簡潔に言いますと、Aliexpress(中国のショッピングサイト)に格安で売られているからです。

◆アンカリング効果

定価を提示して、それよりも安く販売することで「こんなに値引きしてるんだから、買った方がいい!」と感じさせる。この心理効果を「アンカリング効果」と言います。

きゃたぬき

何かで聞いたこと、ありますよね?

アンカリング効果の凄いところは、たとえ全く無関係の数字でも、購買意欲を刺激できるところにあります。

安いじゃん!と思っても、冷静になって相場を確認しましょう。

注意
ちなみに、架空の定価を表示する行為は、違法行為に該当する可能性があります。(二重価格表示)

参考 二重価格表示消費者庁

3:「純正ではない」

次の嘘は、かなりタチの悪いものです。

例えばですが、「iPhoneの純正ケーブル」をメルカリで検索すると、以下のようになります。

「検索汚染」とも呼ばれる

もちろん、純正ケーブルが300円で購入できる筈ありません。これらは全て「偽物・ノーブランド品」にあたります。

当然、出品者はブランド侵害を恐れ、「純正じゃありません」等の文言を記載しています。

きゃたぬき

でも「純正」で検索してるのに、なんで偽物が表示されるの?

これが非常にタチの悪い嘘です。

「純正ではない」「純正品質」など、【純正という単語を使うことで、純正ケーブルを検索した人に表示される様にしてるのです。

補足事項
ブランドに関係のない商品が出てくるなど、「紛らわしい商品が表示される」現象を「検索汚染(検索妨害)」と呼んでいます。

これに関しては、「9割以上、検索結果から除外する方法」も併せて個別解説しています。お困りの方も、こちらの記事を参考にしてください。

【動画あり】「業者っぽい」邪魔な商品ページを、1発で消す方法【メルカリ】

4:「他サイトでも出品してるので、購入前にコメントお願いします」

俗にいう、同時出品です。

2つ以上のサイトで、同じ商品を出品する行為。

もちろん商品は1つなので、

売れた時点で、片方の出品を取り消す必要がある

ここに潜む嘘は、「そもそもメルカリで売りたくない」というもの。

…ん?何言ってるの?って感じですね笑

騙されて困る類じゃないですが、

知っておくと、お得に買い物ができるチャンスです。

ぜひ、抑えておきましょう。

◆お願い!気付いて!

3大フリマ(メルカリ・ラクマ・PayPayフリマ)を使っている人はご存知の通り、それぞれで販売手数料が異なります。

手数料の比較

現時点(2021/08/21)での手数料比較

例えば、1000円で販売した時の売上金を比較すると…

  • メルカリ 900円
  • ラクマ 934円
  • PayPayフリマ 950円

このような差が生じます。

きゃたぬき

高額になる程、大きな差になりますね…

出品者にとっては、手数料の安いフリマで販売する方が、メルカリよりもお得になるのです。

しかし、メルカリ上で「ラクマでも売ってます!購入お待ちしています!」など、特定サイトへの誘導文句は禁止されています。

そこで、「他サイトでも出品中です!」と記載しているのです。

◆手数料が安ければ、価格も下がる

もしかすると、疑問を抱く方がいるかもしれません。

「いや、販売価格が同じなら、メルカリでいいじゃん」

「購入者にメリットないし、知らんがな!」

実は手数料が安いサイトの場合、商品価格も下がる傾向にあるのです。

メルカリ:1000円の商品と、PayPayフリマ:950円の商品は、どちらも売上金が同じになります。

そして、メルカリの方が利便性もユーザー数も多いので、PayPayフリマ側としては価格を下げざるを得ないのです。

きゃたぬき

ヨドバシカメラが高くて、ヤマダ電機が安いのと同じ話ですね!

このカラクリを知った上で、「他サイトでも〜」の文言を見てください。メルカリよりも安く、同じ商品を購入することができる筈です。

購入したい商品タイトルをコピペして、他フリマで検索するだけです。

何より、購入者側にペナルティは発生しません。

騙されても問題ない嘘ですが、ぜひ覚えておいてください。

5:「こちらで購入しました。以下、引用です。」

続いての嘘は「こちらで購入しました」です。

例:メルカリで購入しました。以下、前の出品者からの引用です。

至って普通に見えますが、「商品状態の隠蔽」の可能性があります。

きゃたぬき

え?なんで…?

例えばですが、メルカリで購入した商品に不具合があった時

  • 出品者は知らなかったのか?
  • 隠して売ったのか…
  • ちゃんと説明してないじゃん!

こんな感情になると思います。

大抵の人は「損をした。次は気をつけよう」となるのですが、一部ユーザーはこう考えるのです。

私も、同じ内容で売ればいいじゃん。

例えるなら「書類にミスがあるけど、怒られるの俺じゃないから無視しとこ…」と考える上司の感覚です。(実際は監督責任になるんですけどね…)

「全く同じ商品ページ」にすれば、仮にトラブルにあっても、悪いのは最初の出品者だという発想です。

◆無論、アウトです。

いうまでもありませんが、状態を隠蔽する行為は禁止されています。

きゃたぬき

ま、そりゃそうだよね〜

いくら最初の人が悪いとしても、他人に押し付けていい理由には、なりません。無論、購入した際のトラブルは「今の出品者」が対応する必要があります。

その意味では「購入しても安心」です。ただ、避けられるに越したことはありませんよね。

もし欲しい商品に「以下、前の出品者の引用です」など書いてある場合は、細心の注意を払ってください。

補足事項
この手の商品は「動作に問題ありませんか?」等の再確認コメントをすることで、見分けがつきます。やましい出品者は、基本コメントに対応しません。

6:「離島・沖縄の人は、送料分上乗せします」

続いての嘘は、「送料上乗せ」です。この言葉は、主に普通郵便の商品に対して利用されます。

その目的は「便乗値上げ」を狙って使うことです。

送料分を余分にもらって、「メルカリ便(全国一律送料)」に変更する

例えばですが、東京ー沖縄に「60サイズ」で商品を発送するとします。ゆうパックを使用した場合、送料:1350円になります。

これは、他の地域と比べて、200円〜500円程度高い値段です。

これが原因で、「購入前に、地域によっては追加送料を頂きます」と書いている人がいるのです。

きゃたぬき

ここまでは、悪くないです。

一方で、ゆうゆうメルカリ便を使用した場合、60サイズ:700円で発送できます。

発送前の手段変更は自由なので、追加料金をもらいつつ、その差額を稼ぐことができるのです。

購入前に確認を

念を押して言いますが、本当に追加料金が必要な人もいるのです。

佐川急便を使う人は、その代表例です。

「追加料金が必要=詐欺?」という話ではありませんので、ご注意ください。

ここで言いたいのは、追加料金を支払う前に「メルカリ便で発送できないか?」確認してほしいのです。

万一の保証もついて、送料も安い公式の発送方法があるのに、それを利用しない理由は何なのか?

無駄なお金を払う前に、一度確認することをお勧めします。

7:「@断捨離中!」

最後の嘘は「ユーザー名の断捨離中」です。(引越し中も含む)

キャタヌキ@断捨離中!

これは「断捨離中だから、早く売りたい!」と考えてると誤認させる嘘です。

きゃたぬき

どゆことよ…?

困る類の嘘ではありませんが、一応覚えておきましょう。

◆断捨離・引越しは「焦ってる」

まずは、「本当の意味で」使ってるユーザーの心情を、明らかにしましょう。

  • 断捨離=不用品を捨てる・売る
    • 売れれば御の字、それ以外は捨てる
    • 利益よりも、早く売れる方が優先
  • 引越し=期限内に処分したい
    • 締切(荷造りや発送)までに売りたい
    • 売れなければ、ゴミ出し

ざっくりですが、こんな感じです。

どちらも「売上金よりも、早く購入してほしい」と考えていますので、相場より安めで出品する傾向があります。

きゃたぬき

時間があれば、高く売れるのに…って、わかりますね〜涙

購入者の中には「断捨離中!って書いてるユーザーを探す」人もいるほど、一種のお買い得基準とも言えます。

そこで、この心理を逆手にとるユーザーが登場します。

◆「安く売ってる」って思い込む

「断捨離中=利益を度外視して販売」と思い込んだ購入者は、相場を調べずに購入するケースがあります。

断捨離中の人だから、お買い得価格でしょ?

実際、300円でも売れていない商品なのに、450円で「断捨離中です」と書いたら即売した、なんてケースもあります。(というか、私の話です。ビジネス書でした。)

もちろん、騙されて困る嘘ではありません。しかし、なるべく安くお買い物するのであれば、冷静になりましょう。

きゃたぬき

焦って購入する前に、相場をチェック!

記事のまとめ

ここまで紹介した内容を、まとめます。

  1. 〇〇値下げ!〇〇セール!
  2. 定価〇〇円
  3. 純正ではない
  4. 他サイトでも出品しています。
  5. こちらで購入しました。以下、引用です。
  6. 離島・木縄の人は、送料分上乗せします。
  7. @断捨離中!

直接的に困る嘘もあれば、意図を汲み取って安く購入できるものもありますね。

大丈夫だと思いますが、嘘、ついてませんよね…?

以上、参考になれば幸いです!

それじゃあ、また!

きゃたぬき

YouTubeチャンネルも、チェックしてみてね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です