【話題】メルカードは発行すべきなのか?

メルカリで厄介な購入者を避けるためにするべき行動

メルカリは売買ともに便利なツールだが、厄介な利用者もいるため予期せぬトラブルに発展する事がある。それらエピソードを元に運営されるYouTubeチャンネルもある位だ(ダイマ)

本記事では出品者に向けて、私が意識している面倒なユーザーの避け方を解説していく。まるで「私は厄介じゃない」みたいな感じだけど、それでいいのよ。自分のためにフリマアプリを使いな!

きゃたぬき
きゃたぬき

きゃたぬきです。TwitterYouTubeもやっています。

厄介な購入者とは?

こんなの人により過ぎる定義だけど、本記事では「出品者・商品に落ち度がないのに取引キャンセル・低評価を行う人」とする。具体例には以下

  • 電子レンジの外箱(本体ではない)に傷があったので返品
  • 音量ボタンに不具合があると明記したにも関わらず「不具合があるなんて知らなかった」と低評価

まぁ定義の妥当性はあまり重要じゃない。あくまで商品や説明に不備がないものとして記事を読んでほしい。

安売りしない

多くの商品には相場があり、そこに納得した人が購入する。しかし価格が安すぎると商品特性を理解できていない人が手を伸ばすため、価値観のズレによる揉め事が発生しやすい。

例えばバルミューダの加湿器に4万円の価値は無いと考える人がいたとしよう。そんな人でも6000円で売っているなら手を伸ばせる筈だ。しかし他社製の加湿器と比べても機能差が小さいため、結局6000円の価値もなかったと考える。

まともな人なら「この商品は私に合わなかった」で済むが、面倒な人は思考から違う。「貴方の売った商品に問題があった」と考え、低評価を残したり返品を要求するのだ。これは相場が10万円でも3,000円でも理屈は同じ。

可愛いけど喉ケアの観点から処分した加湿器「Rain」

先程のバルミューダで言えば、そもそも機能性よりデザイン性を重視しており、また気化式なので加湿性能は控えめである。 フィルターも年1回3500円で交換しなければならない。これらを理解して初めて40,000円、中古10,000円を払っていいと考えるべきなのだ。

まぁ上記は「知らんがな」ってのが正直な感想かもしれない。だが我々はメーカーじゃないのだから、価値を見出しているユーザーに売る方が無難だろう。いわば相場価格とはフィルターである。 価値を見出してない人に売るべきではない。

この件について、より詳細に説明している下記事を参考にしてほしい。

【相場守れ】メルカリで安売りしてはいけない理由

質問のレベルを確認する

質問のレベルが低いと判断したらブロックをお勧めする。ググればわかることを聞く人はググればわかる内容で文句をつける可能性があるからだ。説明文に書いてあることを確認する人も同様である。

過去私は、調べればすぐ答えが出ることを数回に渡って質問され、購入してからも確認と称して画像追加を何度も求められた。挙句到着した際「説明されてない傷が見つかりました。返品できませんか?」と言われた事がある。ちなみにゲーム機の外箱に小さな凹み傷があったらしい。 本体は無傷である。

メルカリは実物を見れないオンライン取引。だからこそ画像枚数や説明文でより丁寧に伝えることが必要である。しかし、この姿勢は購入者も同じで、どう頑張っても実物と同じように確認はできないのだ。ある程度で見切りをつけるべきだし、それができないなら中古ショップに足を運んでくれ。

ただ残念なことに彼らは彼らなりの理屈があって行動しているのだ。ましてや間違っているなど考えたこともないだろう。自分を神様と勘違いしているかは知らんけど、私たちからブロックしていこう。

【徹底解説】メルカリ「ブロック機能」って何ができる?

評価欄をチェックする

即購入された場合を除き、価格交渉や質問があれば同時に相手プロフィールの評価欄を確認しよう。もし低評価がついてるなら最新の注意を払って取引するかブロックすると良い。

もちろん理不尽な評価を受けることは誰しもあるが、多少の犠牲を払っても無難な方が良い。10人ブロックして隠れ優良ユーザー4人を見逃しても、厄介な6人を避けた方に価値があるのだ。

ちなみに低評価ゼロだが厄介なユーザーもいる。その見分け方は以下

  • 良かった評価内に文句を書かれてる
  • 相手が低評価をつけがち

前者は良かった評価をスクロールすれば察しやすい。後者は取引した出品者の評価を見にいく手間があるので上級者向け。母数としては少ないので、余裕が出てきたら確認してみると良い。私はチェックが面倒なので気にしていない。

メルカリ【良い評価に文句を書く】はトラブル回避に向いてない

文章(注意文)を書きすぎない

意外かもしれないけど説明文は長すぎるとトラブル遭遇率が上がる。長文を目にしたユーザーは

  • 読んで買わない
  • 読んで買う
  • 読まずに買わない
  • 読まずに買う

この4通りに分類される

最も厄介なのは読まずに買うユーザーだが、読まないんじゃなくて読めなかった可能性がある。その結果「知らんけど大丈夫っしょ」と思って購入するのだ。彼らも短い文章なら理解できた…かもしれない。

また文章が長いほどシンプルに誤読の可能性が高くなる。ただ相手は理解したつもりなので衝突に至るわけだ。少なくとも短いほど読みやすいのは事実である。

内容は間違ってない、主張も筋が通っている。ただし長すぎる人が多いんだ。他人の文章は読み飛ばすクセに、自分の冗長な文章は読んでもらえる。そう勘違いしてないだろうか?尚この内容はブーメランとして私に返ってきたものとする。

注意書きは自己防衛のために書くもの。しかし相手に伝わるかは別問題であり、伝える努力を怠ってはいけない。より短く、必要十分を満たす内容にしよう。


  • 安売りしない
  • 質問のレベルを確認する
  • 評価欄をチェックする
  • 文章(注意文)を書きすぎない

この他にもあると思うので、随時加筆して行く予定。今回の記事があなたのメルカリライフの手助けになれば嬉しい。最後まで読んでくれてありがとうございます。

YouTubeチャンネルもあります

チャンネルでは、一般フリマユーザー向けに

  1. イライラしない考え方
  2. ちょっと売れやすくなるコツ
  3. 知っておくと便利な情報

などを定期的に発信しています!

また、今回のように皆さんの素朴な疑問に、できるだけ回答する企画もあります。

◆きゃたぬきのYouTubeチャンネルはこちら!

以上、参考になれば幸いです。

それじゃあ、また!