【初コメント大歓迎】フリマの相談はコチラから!

玄関前に最適な前面吸気式スリム空気清浄機【ツインバード】【レビュー】

花粉症が辛すぎる。部屋でも目が痒い。花粉の侵入経路は玄関だから廊下に空気清浄機を設置したい。だが置くスペースがない。

そこで悩んだ結果、ツインバードの空気清浄機を設置…して早2年近く経過。今更ながらその背景を記事にしていく

きゃたぬき
きゃたぬき

きゃたぬきです。TwitterYouTubeもやっています。

created by Rinker
ツインバード(TWINBIRD)
¥7,000 (2023/01/28 16:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

【注意】記事中での価格は注釈がない限り、全て2023/01/19時点のAmazon価格を参照しています。

玄関に空気清浄機を置きたい

そもそも自宅内に花粉が入るのは自分が入れるからに他ならない。部屋の換気もあるが、帰宅時の衣類に残ってることが多い。つまり玄関で花粉をなくせば良いし、そのために空気清浄機を配置しようってのが事の発端。

玄関置き用に求める条件

そうと決まれば早速設置を…となるが、ちょっと待ってほしい。通常の空気清浄機を配置すると、思ったほどの効果を得られない

今一度、玄関前に適した空気清浄機の条件を理由と共に解説する。

本体が薄い

通常の清浄機は邪魔になる

まず譲れない条件がこれ。大豪邸でもなければ廊下は割と狭いので、通常の空気清浄機だと邪魔になる。なるべくスリムな物を選ぼう。

前面から空気を吸う

背面から吸い、前面に出すタイプ

次に重要な特徴。狭い廊下に置けたとしても、吸気口が壁については意味がない。例えば有名なSHARPの空気清浄機は後ろ側から吸気される仕様が殆ど。公式説明書にも

空気清浄機はスペースを開けて設定してください

のような文章が書かれている。

廊下の形状次第だが、理想は側面・前面から空気を取り込むタイプ。でなければ効果半減で花粉にやられてしまう。

HEPAフィルターである

HEPAはざっくり言うと「病気リスクを軽減できる高性能フィルター」である。通常のフィルターでも花粉こそ防げるが、PM2.5(喘息・気管支炎などの原因)や一部ウイルス・細菌は繊維の目を通過してしまう。そこまで防げるのがHEPAフィルターなのだ。

もちろん花粉症対策に特化するならHEPAフィルターじゃなくてもOK。ただ私は他のリスクもついでに軽減したいので、今回は必須条件とする。

消耗品の替えが入手しやすい

あとは地味な話だが、フィルターなど消耗品の入手しやすさも大切。市場には安い空気清浄機もあるが、如何せん消耗品が売ってなかったり、本体代と同じ価格だったりと勝手が悪い。


画像は旧機種、でも現行機種と大差ない。

これらの条件を踏まえて選んだのが、ツインバードの空気清浄機だ。なお先に謝罪しておくと、現行機種と私の実機はデザインが異なっているが、機能に重大な差はない(むしろイオン発生器がついてる。使うのか…?)

created by Rinker
ツインバード(TWINBIRD)
¥7,000 (2023/01/28 16:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

ツインバードの空気清浄機

  • 本体:7000円
  • フィルター(交換目安1.5年):3000円
    • ※脱臭フィルターもセットの価格
  • →ランニングコスト:1年あたり2000円

基本情報はこんな感じ。

前面吸気で壁付けOK

前面・側面から空気を吸い、上から吐き出すタイプ。壁につけても問題ないのは嬉しい。

薄い

before画像 after画像

サイズは 410×140×430mm の薄い正方形。廊下に置いても邪魔にならない。

ランニングコストが安い

この製品が優れているのはランニングコストの安さ。HEPAフィルターと脱臭フィルターがセットで3000円弱なのは嬉しい。ちなみに定価は4000円だが、Amazonは常にセール中だしヨドバシでも常時2700円で販売中。なぜ

デザインは微妙

多分そこまで見ないからヨシ!

概ね満足な製品だが、ビート板をくり抜く直前みたいなデザインは好みじゃない。ただ玄関に配置するし、そこまで目に入りやすい位置ではないので妥協した。この辺りは好み。

他社の前面吸気と比較

導入時に比較検討した他社製品を羅列し、私が気にした点を述べていく。

日立 クリエア

  • 本体:15000円
  • フィルター(交換目安2年):3700円
    • ※脱臭はフィルターと一体
  • →ランニングコスト:1年あたり1850円

デザインは良いけど本体が高い。惜しい。

アイリスオーヤマ

  • 本体:8000円
  • フィルター(交換目安2年):2800円
  • 脱臭フィルター(交換目安2年):2100円
  • →ランニングコスト:1年あたり2450円

総合的に悪くないが、脱臭フィルターの交換まで考慮するとツインバードに軍配が上がる。残念。

使用後2年間のレビュー

かつての私は

ぶっちゃけ空気清浄機とか効果あるのかよ笑

と思っていたが、導入後の快適さは素晴らしい。外は相変わらずでも自宅内で症状に悩まされることは無くなった。

前面のVマーク跡

当然だが、フィルターには薄ら前面吸気口の跡と同じ汚れがついている。交換する時は真っ白であり、空気清浄機がなければ体内に取り込んでいたと思うと恐ろしい。

花粉症に悩んでる人、空気清浄機を疑ってる人。ぜひ導入を検討してもらいたい。

created by Rinker
ツインバード(TWINBIRD)
¥7,000 (2023/01/28 16:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

紹介した商品リンク(Amazon)

ツインバード 空気清浄機(今回買ったやつ) → https://amzn.to/3HfiZm0

日立 空気清浄機 クリエア → https://amzn.to/3HhvPQW

アイリスオーヤマ 空気清浄機 → https://amzn.to/3XkwVRf