【売れた後】知っておくと得をする、売上金の使い方を解説します!基本、〇〇一択です!【メルペイ・銀行振込】

こんにちは、きゃたぬきです!

  • 「売上金って、どうしたら正解だと思いますか?」
  • 「現金化するか、メルペイかで悩んでいます」

今回は、売上金のオススメな使い道について、解説していきます。

主な使い方

大半の方は、この3つのどれかで使用していると思います。

  • 売上金のまま保存する
  • 銀行に入金する
  • メルペイとして使う

最近では、売上金の出金にかかる手数料が200円に統一されたことで、

メルペイで使用する人が増えていることでしょう。

一言メモ
以前は、1万円以上の出金で手数料が無料になりました。

使用目的は様々なので、絶対的な正解はありません。

ですが、私の意見として

「現金化するべき」と主張いたします。

その根拠を、他の選択肢に潜むデメリットを踏まえて紹介していきます。

きゃたぬき

他のフリマアプリも、考え方は同じです!

解説動画:【メルカリ】悩む人必見!売上金の、おすすめな使い方を解説!基本、〇〇一択です!【メルペイ・銀行振込】

このブログは、下記の動画でも詳しく解説してます!

売上金と、現金の違い

話を進める上で、

「売上金と現金」の使い道を考えていきましょう。

売上金の場合、

メルカリでの買い物に使えたり、

メルペイとして街での買い物をすることもできます。

一方の現金は、売上金と同じことができます。

「メルカリ以外の場所」での買い物から、公共料金の支払いもできます。

つまり、売上金と現金では、

汎用性が異なるのです。

そして、現金は、圧倒的に汎用性が高くなります。

売上金と現金の違い

何か買い物をするとなった場合、

現金を所有している方が、利便性が高いのは

言うまでもないですね。

売上金は「利子」が発生しない

「何も買わないなら、売上金でも良いのでは?」

そんな意見を持つ方も、多いでしょう。

しかし使わない場合でも、

現金を所有している方がメリットは多いです。

その理由は、利子・利回りの存在にあります。

一言メモ
銀行預金や、投資で増える(見込みの)金額のこと。%表記で表される。

その数字は様々ですが、

肝心なのは「放置すれば、現金は増える」と言うことです。

きゃたぬき

銀行に預けてると、利子が入ってきますよね!

勝手にお金が増えるのも、お金の特徴です。

…しかし、売上金に「利子・利回り」は存在しません。

10万円の売上金であれば、

10年後も50年後も、変わらず10万円のままです。

このことから、

投資等でお金を増やしたいと考える人は、

売上金のまま」と言う選択肢が、最もしてはいけない事だと

分かると思います。

「現金化しても、メリットない」の罠

前項で話した「利子」について、こう思う人もいるでしょう。

銀行の預金金利は低すぎる。数万円程度では、現金化してもメリットは無い。使わないのであれば、売上金のままにしておくのが、一番お得だ。

確かに、もっともな意見です。

銀行利子は低すぎる

仮に1万円のお金で、

普通預金の利子は0.001%とすれば、

およそ2000年経過すれば、出金手数料分の200円を回収することができます。

手数料を払うか?日本の歴史を繰り返すか?

みたいなレベルで長いです。確かに、メリットはないですね。

「出金手数料200円を回収できない!」

売上金で放置していた方が、お得だ!

…と言いたい所ですが、そうなりません。

この話、前提部分を言及する必要があります。

「使わずに放置する」という前提です。

使わなくても、現金の方がよくないですか?

仮に10,000円の売上金があったとします。

出金して、9800円になったとしましょう。

確かに、数字の上で200円少なくなっています。

…でも、どうせ使わずに置いておくのなら、

どこに何円あろうが、関係ありませんよね?

単に、数字が大きいか、小さいか。それだけの話です。

きゃたぬき

それだったら、現金の方がいいですよね〜!

使わないとしても、

万が一必要な時、現金にしておけばすぐ使えます。

もしあなたが、

売上金が溜まっている満足感を得たいのなら、止めません。

(気持ちはわかります。5万円とか超えるとめっちゃ嬉しいですよね笑)

でも、売上金なのか、銀行残高なのか。

それだけの違いです。

汎用性の高い現金として保存する方が、

便利な事実は揺るぎません。

注意
汎用性を引き合いに出すと、現金優位で話が終わってしまいます。ここからは、汎用性を無視して、同じお金として考えていきます。

売上金をメルペイで使用する

「別に売上金として放置している訳じゃないんだ!」

「メルペイの残高として使ってるんですよ!」

「メルペイを使って買い物した方が、200円分得じゃないか!」

こう言った意見の方も、いるでしょう。

現金なら正しいのですが、

現実は損をしている可能性が高いです。

その理由は、 他社のキャッシュレス決済サービスと比較すれば分かります。

注意
ここからは、期間限定のキャンペーンなど、不確定要素は除外して話を進めています。

メルペイは、還元率0%で、お得じゃない

まずは、メルペイについて

簡単におさらいしておきましょう。

メルペイの詳細

メルペイとは、メルカリが提供するQR決済サービス。

(メルカリ版、PayPayと考えて間違い無いです)

売上金を引き出さず、

そのままメルペイとして使用できるのが、非常に便利。

その他にも、

  • メルペイスマート払いで、支払いを遅らせる
  • iD決済に対応
  • オンラインショップ限定で、クレカとして使える

などなど、独自のサービスを展開しています。

PayPayとの比較

一方、最も有名なQR決済サービス、PayPayについて紹介します。

日本シェア1位で、利用者数4000万人を突破しているPayPay。

「国内キャッシュレス化の先駆け」

と言っても過言ではないPayPayですが、

利用される背景に「ポイント還元率が高い」と言うものがあります。

ペイペイの還元

このポイント還元率は非常に重要で、

例えばPayPayの場合、

残高から支払うと0.5%キャッシュバックされます。

仮にスーパーで10万円分を購入すると、500円余計に買い物できる計算です。

普段の買い物をPayPayで支払えば、

それだけで毎年数千円もお得になりますね。

しかし、メルペイには還元がありません。

いくら使っても、ポイントが戻ってくることはありません。

きゃたぬき

現金で払っているようなものです。

もし仮に、メルペイとPayPayの両方が使えるなら、

還元率の高い方を選ぶのが、当然の判断です。

もう一声!
クレジットカードの還元率も優れているものが多く、場合によってはPayPayよりもお得になります。

手数料200円を払っても、お得なのか?

還元率がないから、メルペイは選択肢になり得ない。

そう聞くと、以下のような感想をもらいます。

「いや、手数料かかるんでしょ?」

「還元されなくても、200円引かれるなら、意味ないよね?」

確かに、出金手数料は間違いなくかかります。

しかし、これらの感想を抱く方は

「手数料200円以上のリターン」があれば問題ないと思われます。

その話をする為に、少し計算しましょう。

結論:40200円以上なら「出金してPayPay」

まずは、ざっくりとイメージを捉えましょう。

売上金10万円がある。

メルペイ・PayPayの両方で使うとき、総額いくら購入できるか?

(キャンペーンは考慮せず、出金手数料200円、PayPay還元は0.5%とする)

興味があれば解いてみてください。

計算結果のみ表示します。

  • メルペイ:10万円
  • PayPay:10万299円(99800円+還元分499円)

つまり、同じ売上金10万円がある場合、

PayPayの方が約300円得する、ということです。

このように、ある一定の金額を超えると、

(還元率を含めて)PayPayの方が得する訳です。

その金額は「40,200円」になります。

この金額を超えたあたりで、

売上金を現金化→ PayPayで使用した方が、

メルペイよりもお得になります。

もちろん、通常時の話ですので、

「キャンペーン期間中、特定のショップで還元率20%!」

といった場合は、また別の話です。

(…とはいえ、欲しくないものを無理やり買っても意味ないです。)

番外編:dポイント連携

実は、売上金でメルカリの商品を買い物をした時、

dポイントが還元されます。

この話を、当時の私が動画で言及しなかった為に、

「dポイント連携で、売上金に0.5%還元がある」

「メルカリで買い物するなら、現金より得じゃん!」

などの質問が多く寄せられました。

ここでは、その見解を述べようと思います。

メルカリの買い物「のみ」還元

かなり多くの人が誤解しているので

強調しておきますが、

dポイントが還元されるのは、メルカリ内の買い物のみです。

メルペイを使っても、還元されません

連携しても、PayPayと同等の還元率は実現できません。

この時点で、街での買い物において

メルペイを使うメリットはありません。

(優先的に選ばれない、という意味です。悪しからず。)

本当に欲しくて、買ってますか?

売上金で商品を購入すれば、dポイントが貯まる。

「それなら、現金にする意味ないじゃん!」

という意見もありますが、

確かに、一理あります。おっしゃる通りです。

欲しい商品があるのなら、売上金から購入しても良いと思います。

今回の話は

「ある程度、まとまった売上金」には該当しますが、

例えば、1000円などの少額の場合、

商品を購入した方が、得になるケースは多いです。

…ただし、欲しい商品があるのなら、です。

必要なものはないけど、出金すると勿体無い。それなら、適当に何か買っちゃおう!

こう言った買い物をするのは、

たとえ出金手数料がなくても、お得と言えますか?

個人的に、メルカリ内で「必要なもの」を購入する機会がありません。

生活必需品は、街のお店が遥かにお得だからです。

欲しいものを買ってるのであれば、問題ありません。

ただ、無理やり売上金を使っている方は、

「dポイントが帰ってくるから、お得!」と言う前に、

買い物をする姿勢を改めることを、お勧めします。

記事のまとめ

最後になりますが、簡潔に記事をまとめます。

  • 売上金は、汎用性が低い
  • メルペイは、還元率が悪い(0%)

以上の理由から、現金として引き出すのをオススメします。

その金額の目安は「40200円」です。

(もちろん、自分なりの目安を定めてもOKです!)

以上、参考になれば幸いです!

それじゃあ、また!