【限定】メルカード発行で 最大13,000P 特典がもらえる

【メルカリ】取引の強制終了パターンをまとめてみた【事務局の介入】

メルカリユーザは「相手が取引進行しない」問題に頭を抱えている。コンビニ支払い、受取評価など、いつまで待てば良いのか不安で夜も眠りにくい。

そこで今回、事務局が取引を強制終了させる条件5つを紹介した。もちろん他にあれば随時追加する。

きゃたぬき
きゃたぬき

きゃたぬきです。TwitterYouTubeもやっています。

受取評価されない

受取評価されず一定期間が経過すると強制終了になる。以下メルカリガイドからの引用

購入者からの受取評価や事務局へのお問い合わせがない場合、発送通知をした9日後の13時以降に、自動で取引が完了します。

例:2022/01/10に発送通知をした場合、2022/01/19の13時以降

仮に8月10日の午後11時50分に発送ボタンを押した場合、8月19日の13時以降に取引完了する形。

受取の猶予期間について

前提としてメルカリは評価まで1週間ほど猶予がある。これは商品状態の確認にかかる時間、コンビニ・郵便局受取のタイムラグ等を考慮した設定だ。

出品者としては入金が遅く不満だが購入者に与えられた権利として我慢しよう。とはいえ嫌われる行為なので購入者側なら早く評価を終わらせよう。

商品到着前の評価はNG

出品者を待たせまいと到着前に受取評価を終わらせるユーザーが存在する。しかし本当に届かなかった際に補償が受けられないため、絶対やめよう。

一定の条件下で取引終了も可能

自動終了を待たずとも以下条件を満たせば取引完了を依頼できる。

  • 発送通知をした8日後の13時以降
    • 例:2021/01/10に発送通知をした場合、2021/01/18の13時以降
  • 購入者の最後の取引メッセージから3日後の13時以降

申請・即対応とはいかないが半日程度で対応してくれる(主観)ため、適宜問い合わせよう

稀に取引終了できない事も

システムエラーなど終了期間を過ぎても取引が終わらないケースもある。その場合も同様、事務局へ問い合わせて終了させよう。

(出品者から)評価されない

購入者は受取済み、出品者が行動しない

レアケースで害はないが、出品者が評価しないパターンもある。心理は別記事を参照してほしいが、この場合も一定期間経過後に取引終了となる。

【メルカリ】取引を放置すれば、評価を避けられるのか?

コンビニ・ATM払いが完了しない

【コンビニ・ATM払い】の支払い期限(3日)が過ぎた後、一定期間が経過すると自動キャンセルになる。ただ具体的な期間は明記されていない。私の場合1〜2週間後に取引が強制終了(購入される前に戻る)となった。

なおコンビニ・ATM払いの締切は以下の通り

商品代金のお支払い期限は、購入日を含む3日目の23:59:59までです。

例:01/01 12:30に購入した場合、支払い期限は01/03 23:59:59まで

3日経過後は自らキャンセル可能

支払い期限が過ぎた場合、自動終了まで待たずに取引キャンセル可能。手順としては

  1. キャンセル申請を送る
  2. (24時間経過後)取引が終了する

といった流れ。

キャンセル申請とは?

取引画面の一番下にある項目。ふさわしい理由で申請すれば取引キャンセルが可能となる。

ただし(滅多にないが)相手がキャンセル申請に異議を申し立てた場合、取引が続行される。この時、機械的に取引メッセージを送れなくなる為、事務局への連絡が必要。

期限内の催促はNG

余談だが期限が過ぎるまで催促しないように。【3日後までに払わなくてOK】という購入者の権利なので気長に待つとしよう。まぁ偏見だが連絡なく1日以内に払わない奴は大抵払わないけどな!

商品が発送されない

商品が「発送までの日数」以内に発送されない場合、一定期間が経過すると自動キャンセルになる。コンビニ支払い同様、締切経過後1〜2週間ほど音沙汰がなかった場合に強制終了となった。もちろん私の体験。

復習だが「発送までの日数」とは出品者が定めた締切であり、以下の期間内に発送を完了しなければならない(ここまでに届訳ではない)

例:1月1日12時30分に購入者が支払いを完了した場合

  • 【1〜2日で発送】の場合:1月3日12時30分まで
  • 【2〜3日で発送】の場合:1月4日12時30分まで
  • 【4〜7日で発送】の場合:1月8日12時30分まで

購入者からキャンセル可能

なお発送期限が過ぎた時点で(購入者から)キャンセル申請可能。

商品が発送されない場合や、取引メッセージに一切返答がない場合、取引の継続は困難となるため、取引のキャンセルをご検討ください。

※取引メッセージ上で取引相手の合意を確認する必要はありません

こちらもコンビニ払いのキャンセル申請と同じく

  1. キャンセル申請を送る
  2. (24時間経過後)取引が終了する

で完了する。

禁止出品物の取引

偽ブランド品・禁止出品物(使用済み下着、モバイルバッテリーなど)など購入後に「販売できない商品」と判断された場合、商品発送前に強制キャンセルとなる、らしい。ガイドラインに記載されてないが体験者は複数いる。

ヴィトンのチャームを購入した翌朝、取引キャンセルになって商品代金が返金されました。今思うと偽ブランド品だったのでしょう。

内容を要約しています

また同様の話は「Yahoo!知恵袋」にも幾つか投稿されている。

メルカリにて購入した商品が発送前に削除されておりました。取引終了前に商品が削除されるケースとして考えられるケースに何が挙げられるでしょうか?

最近では自動検知が発達したため、疑わしき商品は出品すら困難。とはいえ網をかいくぐって出品するユーザーは存在する。

推測の域は出ないものの、偽ブランドや権利侵害品を購入せずに済むのは嬉しい仕様だろう。わかって買う奴は知らん。

記事のまとめ

メルカリ事務局によって強制終了となるパターンは4つ

  1. 受取評価されない
  2. (出品者から)評価されない
  3. コンビニ・ATM払いが完了しない
  4. 商品が発送されない
  5. 禁止出品物の取引

最後に:相手に確認するべき?

今回の話をする上で

終了までに相手に連絡すべきでは?

と最もな意見が出るだろう。確かにメルカリは素人同士が取引するため進行を忘れることもある。まずは取引相手に確認すべきだ。

しかし一部ユーザーは(自分が悪いのに)急かされたと低評価してくる。相手動向に不安がある場合、強制終了まで待つのが無難。

問い合わせてもOK、放置してもOK

この記事を参考に、自分なりの選択をしてもらいたい。ちなみに私の場合、締切後は完全放置して強制終了を待つ、そして忘れた頃にキャンセル。この繰り返し…

合わせて読みたい記事

【メルカリ】残念だった評価を取り下げる方法。体験談も紹介【悪い評価】

YouTubeチャンネルもあります

チャンネルでは、一般フリマユーザー向けに

  1. イライラしない考え方
  2. ちょっと売れやすくなるコツ
  3. 知っておくと便利な情報

などを定期的に発信しています!

また、今回のように皆さんの素朴な疑問に、できるだけ回答する企画もあります。

◆きゃたぬきのYouTubeチャンネルはこちら!

以上、参考になれば幸いです。

それじゃあ、また!

参考文献

受取評価/評価がされない – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
https://help.jp.mercari.com/guide/articles/115/

商品の発送期限/商品が発送されない – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
https://help.jp.mercari.com/guide/articles/49/

支払い期限/購入者が支払いを完了しない – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ https://help.jp.mercari.com/guide/articles/108/

商品に偽物・非正規品の疑いがある – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
https://help.jp.mercari.com/guide/articles/54/