【初コメント大歓迎】フリマの相談はコチラから!

【結論:地域バレする】匿名配送って本当に住所バレしないのか?ヤマト運輸・日本郵便どちらも検証【メルカリ・ラクマ・PayPayフリマ】

メルカリの匿名配送を使ったら、本当に住所は伝わらないの?

メルカリ未経験の友人から相談された。何気なく使っていたが、どこまで匿名なのか見当もつかない。

そこで今回の記事は、メルカリ便がどこまで匿名性を保てるのか検証していく。今後メルカリ便を使う参考になれば幸いだ。

想定する読者
  • 匿名配送を使った時の画面を見たい
  • 住所は本当にバレないか知りたい
  • 購入者・出品者視点の内容を知りたい

結論:地域バレする

先に結論を伝える。住所は分からないが、居住地域は特定できてしまう。だが不安を覚える程とは言えないだろう。

ここからは、以下の順番で解説する

  1. 手段別に、出品者・購入者視点を確認
  2. 表面情報のみで地域特定に繋がる情報
  3. 検索することで得られる情報
詳しく知る必要はない

ざっくり匿名配送の仕組みを説明する。メルカリが住所を一括管理し、配送業者へ伝える形だ。 わかりやすく言うと、学校の担任が住所録を持っているイメージ。先生を経由して取引する形だ。

ある美ちゃん
ある美ちゃん

って事は、ユーザーの住所を

メルカリが管理してるって事?

きゃたぬき
きゃたぬき

そういうこと

匿名取引=自分以外の誰にも住所が伝わらない

と勘違いする人もいるが、メルカリ・配送業者には伝わっている点に注意しよう

日本郵便の場合(ゆうゆうメルカリ便)

まずは日本郵便(ゆうゆうメルカリ便)を利用した際の画面・伝票を順番に紹介していく。

出品者視点

商品が売れた時の画面は以下の通り。相手(購入者)の住所は一切表示されない。

※画面は「らくらく便」と共通

なお上記画面は「らくらくメルカリ便」利用時でも変わらない。

ローソン発送時

ローソンで商品を発送する時、Loppi(店舗端末)に以下の画面が表示される。

郵便番号は明らかになるが、購入者の住所は把握できない。

上図が発送する際の伝票だ。同様に住所は分からない点を確認してほしい。

購入者視点

商品を買った時、以下の表示となる(画像はらくらく便だが、内容は同一)

※画面は「らくらく便」と共通

郵便局・ゆうパケットポストの場合

郵便局・ゆうパケットポスト発送で届いた荷物がこちら。出品者の都道府県まで分かるが、それ以上の情報は不明。

コンビニ発送の場合

コンビニ発送の場合、発送したローソン店舗名が判明してしまう。後述するヤマト運輸と異なり、必ず入ってしまう伝票だ。よってローソン発送の場合、店舗バレ不可避と言える。


まとめると、ゆうゆうメルカリ便の取引で公開される最大の情報は

  • 出品者:ローソン発送の場合、店舗名まで
  • 購入者:都道府県まで

万全を期すなら、郵便局・ゆうパケットポストを使った方がいいでしょう。

きゃたぬき
きゃたぬき

もっと特定できるけど

詳しくは後で解説します

ヤマト運輸の場合(らくらくメルカリ便)

続いてはヤマト運輸のサービス利用時について。出品・購入それぞれを確認していく。

メルカリの取引画面は「ゆうゆう便」と共通のため省略する

出品者視点

コンビニ発送の場合、以下の依頼主控レシートをもらう。その内容を確認しよう。

ファミリーマートの伝票

ファミリーマートの場合、購入者に関する情報は表示されていない。

セブンイレブンの伝票

セブンも同様に購入者情報が不明だ。なお郵便番号・電話番号の項目はあるが、どれも非公開となっている。

貼付用レシートは郵便番号が記載

ただし商品貼付レシートには【購入者の郵便番号】が記載されている。レジで伝票袋に入れる瞬間のみ…とはいえ、見られた際に郵便番号が把握される点は覚えておこう。

きゃたぬき
きゃたぬき

居住区域がある程度

分かってしまいますね…

購入者視点

らくらくメルカリ便で届いた荷物には、以下の伝票が貼られている

複数枚シールは貼られているが、出品者の個人情報は書かれていない。

コンビニ店舗名が記載されている

しかし時々、店舗レシート抜き忘れ状態が発生する。この場合、出品者の発送したコンビニ店舗が伝わってしまうのだ。

ある美ちゃん
ある美ちゃん

近所のコンビニを

知られるって事…?

きゃたぬき
きゃたぬき

そうなるね

配達時に取り除くのが基本らしいが、体感で半分近く入ったまま届いている。ヤマト運輸には徹底してもらいたいのだが…面倒なのだろうか。

ともかく、不安であれば発送場所を遠くにする等の工夫が必要となるだろう。

ヤマト運輸から発送された場合

こちらも住所は一切不明のままだ。


らくらくメルカリ便の内容をまとめる。相手に伝わる最大の情報は

  • 出品者:発送したコンビニ
  • 購入者:郵便番号

以上となる。

ヤマト・日本郵便まとめ

ここまでの内容をまとめる。表面上の情報から得られる情報がこちら

バレる情報日本郵便ヤマト運輸
出品者発送したコンビニ発送した店舗・コンビニ
購入者都道府県郵便番号(居住区域)

端的に言うと「ヤマト運輸」の方が特定される範囲が広い、となる。ここから先は、 検索することで得られる情報について紹介していく。

追跡番号で地域特定できてしまう

個人情報が公開される可能性はないが、追跡番号を調べることで(出品者・購入者ともに)発送地域が明らかになってしまう。例えば以下の写真を見て欲しい。

四角で囲った部分が「お問い合わせ番号」だ。この数字をGoogle検索すると、以下の情報が表示される。

集配郵便局の情報が伝わる

発送・到着場所の集配郵便局が表示される仕様だ。上図の情報から判断すると、私が居住してる地域が以下の範囲だと分かってしまう(写真はイメージです)

同様に、らくらく便でも居住エリアを特定できてしまうのだ。

発送・到着地域のセンターが特定できる

匿名配送とは言いつつ、自宅周辺の集配センターまでは特定できてしまう問題点が挙げられる。

ある美ちゃん
ある美ちゃん

そう聞くと怖いね…

きゃたぬき
きゃたぬき

まぁ特定は難しいけど

気分は良くない

結果的に追跡番号を使うことで、相手の発送した地域(大抵が居住区域内だろう)まで判明してしまうのだ。

最後に:住所特定までは困難を極める

不安を煽るような内容に感じたら申し訳ない。だが追跡番号である程度判明できるのは事実だし、利用する上で知っておいた方がいいだろう。

あくまで主観だが、都心部に住んでる人は正直心配ない。単純に人数が多いので特定は困難だし、不安であれば少し外れた場所から発送すればいい。じゃないと私も公開してない

そして田舎に住んでいる場合も、不安は小さいだろう。 集配センターの管轄範囲が広くなる為、特定するのに多くのエリアを探す必要がある。物理的に長距離なため、特定は難しいと思う。

【少しだけ匿名】に価値はあるか?

配送センターまで把握されるのは、もはや匿名ではないとも考えられる。今まで「匿名だから…」と公式便を使っていた人でも、普通郵便を検討してみて良いかもしれない。送料も安くなるだろう。

ちなみに私は、今後も公式便を使い続ける。匿名性に若干の不安はあるが、

  • 追跡サービス
  • 商品補償
  • 全国一律の送料
  • 発送時の利便性

などを踏まえればお釣りがくる。

許容度は人それぞれ。今回の話を聞いて利用停止するも良し。普通郵便に切り替えるも良し。あなたの決断を、あなた自身が尊重して頂きたい。

参考文献

直営店・取扱店検索

https://www.e-map.ne.jp/p/yamato01/

メルカリ、ヤマト運輸と連携して「匿名配送」運用へ – CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35070299/#:~:text=%E5%8C%BF%E5%90%8D%E9%85%8D%E9%80%81%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%80%81%E4%BC%9D%E7%A5%A8%E3%81%AE,%E8%A9%A6%E9%A8%93%E9%81%8B%E7%94%A8%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%88%E5%AE%9A%E3%80%82

全国の集配郵便局一覧(地方別) | ハガキのウラの郵便情報
https://yuubinya.com/2018/04/10/jp-list1/