【初コメント大歓迎】フリマの相談はコチラから!

【メルカリ】「売れなければ処分します」ユーザーが安売りしない理由【値引き交渉しても無駄?】

「〇〇日までに売れなければ処分します」

フリマアプリでよく使われる表現の1つだ。見覚えある人もいると思うが、同時にこう考えないだろうか?

「処分するくらいなら、タダ同然で売ってくれないかな…?」

実際に大幅な値引きを持ちかける人もいるだろう。だが大抵の場合は断られる。これは何故だろうか…?

今回の記事では、処分予定の商品に対して値引交渉が失敗する理由を解説していく。

きゃたぬき
きゃたぬき

きゃたぬきです。TwitterYouTubeもやっています。

結論:しない方がいい

処分予定商品への大幅な値引き交渉は失敗する。その理由は次の通り

  • 戦略として使う人がいる
  • 労力に見合わない

交渉が通らないばかりか、ブロックされる可能性もあるのだ。順を追って解説しよう。

戦略として使う人がいる

お察しの人もいると思うが、処分を全く検討していない出品者も存在する。例えるなら「在庫処分セール」と同じだ。今買わないと…と客を急かし、購入を加速する狙いだ。そして売れ残った場合、別の場所にて販売を継続している。

この相手に対する大幅な値引きは無意味だ。あくまで販売戦略なので、タダ同然で譲る事は決してない。見分けがつかないので厄介だが、確実に存在するので留意しておこう。

労力に見合わない

2つ目の理由は、値引きに応じても割に合わない事にある。不用品のバッグを送料・手数料ギリギリで売れるとして、出品者はこう思うだろう。

お金にならないなら、捨てたほうがよくない?

利益10円で発送するなら捨てた方がいい。実は私も同じ発想を持っている。大幅な値引きに応じても梱包・発送の手間に見合ってないのだ。

なお例外もある。最たる例が粗大ゴミだ。処分に手間とお金がかかる場合、タダ同然でも売った方がお得なのだ。この手の商品なら交渉価値があるだろう。


一旦まとめる。「売れなきゃ処分」商品への大幅な値引き交渉は、2つの理由で失敗する

  • 戦略的に処分予定を掲げる
  • 労力に見合わない

ここまでの話を聞いて

「もったいないから、捨てるより譲った方がいい」と考える人もいるでしょ?

と感じる人もいる筈だ。これは事実だが、それなら交渉の必要性が薄いと言える。

「捨てるよりマシ」と思うなら交渉不要

もし自分が「捨てるよりマシ精神の出品者」だとしたら、次の行動を思い浮かべてほしい。

誰も買い手がつかない。処分期日を記載しており、今日がその日だ。

この時、あなたは自ら限界まで価格を下げるのではないか?

捨てるよりマシと考えるなら、期日を過ぎた時点で価格を勝手に下げるだろう。ならば交渉の必要性は薄いと言える。

もちろん宅配買取やらの処分方法を検討する人もいる。そんな相手と交渉すれば、金銭面で繋ぎ止められるだろう。よって無駄とは言い切れないが…効果は薄いと思う。

ブロックされる恐れ

ここまでの内容を踏まえて、私の結論は「交渉しない方がいい」となった。この意見に対して一部の人は

ダメ元で聞けば良くない?

と考えるだろう。だがブロックされる可能性がある為、お勧めできない。

便宜上、処分予定を使う出品者を下記3種に分類する。彼らに対して大幅な値引き交渉を行う時、それぞれの反応は以下の通り

  • 戦略派:異常な価格交渉
  • 割に合わない派:なら捨てた方がマシ
  • 捨てるよりマシ派:聞かれずとも値下げ

そして今回は「大幅な値下げ交渉」だと忘れてはいけない。一定の理屈はあるが、損する金額が大きいので受け手の印象は悪いだろう。特に前2者にとっては不愉快に写る筈だ(戦略派に関しては少し理不尽だと思うけどね)

最悪の場合、購入前にブロックされるだろう。そうなれば購入する権利を失ってしまう。その上で聞くなら止めないが…商品ゲットを目論むなら避けた方が無難だろう。

【即ブロック】メルカリの異常な値引き交渉とその対応について【平行線】

記事のまとめ

売れなければ処分予定の商品。これに対する大幅な値下げ交渉は推奨できない。

  1. 戦略的に処分予定を掲げる人もいる
  2. 労力に見合わない
  3. 不愉快だと判断されれば、ブロックされる

処分予定日を掲げてるとはいえ、高値で売れるなら売りたいのが人情だろう。大幅な値引きは不可能としても、少しなら対応できる…かもしれない。

相手視点を考えた交渉を、今後も心がけていきたいものだ。

YouTubeでも、情報配信中!

チャンネルでは、一般フリマユーザー向けに

  1. イライラしない考え方
  2. ちょっと売れやすくなるコツ
  3. 知っておくと便利な情報

などを定期的に発信しています!

また、今回のように皆さんの素朴な疑問に、できるだけ回答する企画もあります。

◆きゃたぬきのYouTubeチャンネルはこちら!

以上、参考になれば幸いです。

それじゃあ、また!