【初コメント大歓迎】フリマの相談はコチラから!

【Loop Quiet】イヤホンじゃない点が優秀な、イヤホン型耳栓

外出先での作業時にノイズキャンセリング機能搭載イヤホンを愛用しているが、最近は【Loop Quiet】という次世代型耳栓を愛用している。

今回の記事を読めば、なぜノイキャンイヤホンを持っているのに耳栓を愛用しているのか、その背景を理解できるだろう。  

きゃたぬき
きゃたぬき

きゃたぬきです。TwitterYouTubeもやっています。

ノイキャン搭載イヤホンで十分では?

現代において、耳栓の必要性を語る上で欠かせないのが「ノイキャンとの比較」だろう。Air Pods Pro や以前紹介した Soudcore P3 など優秀なイヤホンでも外音は遮断できる。

【Life P3よりこっち】半年使った愛用イヤホン・Soundcore Liberty Air 2 Pro を紹介

「イヤホンである事」が欠点

あえて答えよう。ノイキャン搭載イヤホンの欠点は「イヤホンであること」に尽きる。これは禅問答ではなく、いつでもスマホから楽曲を再生できてしまう環境が問題なのだ。

作業に集中したい。だが外音が気になる。そこでイヤホンを装着して集中したい訳だが…私のような意志薄弱な人は必ずYouTubeを開いてしまうのだ。

こうなれば作業再開は叶わない。テキトーな理由をつけて1時間以上を無駄に過ごしてしまう。外音を避ける筈が、もっと近い場所に敵が存在したのだ。

従来の耳栓はつけ心地が悪い

それなら普通の耳栓で良くない?

という至極真っ当な指摘をされるだろう。

だが従来の耳栓には問題点が存在する。外音を遮るためにスポンジのような素材を利用したせいで、装着時の圧迫感が強くなってしまう。

そりゃ外音を遮るのだから当然じゃない?

と反論もあるだろう。確かにその通りだが、誰もが工事現場で安眠できるレベルの遮音性を求めていない。私のようにファミレスの喧騒を消したい程度の人もいるし、その場合に従来耳栓の圧迫感は過剰なのだ。

Loop Quietはイヤホン型耳栓

そこで今回紹介する【Loop Quiet】が登場。見ての通りイヤホン型の耳栓であり、装着感も全く同じ。唯一違うのは音楽を再生できない事だろう。

一応言っておくと、類似した形状の耳栓は存在する。だが装着感が異なるのだ。これらのタイプは遮音性が高いため射撃場でも採用されているのだが、返し針のような形状が耳の中で不快感を増幅させてしまう。

その点Loop Quietはイヤホンと同等のつけ心地。いわゆるカナル型イヤホンを使っている人なら、問題なく使える筈だ。

イヤーピースも充実

XS S M L 4サイズが付属

ちなみにイヤホン型なので、サイズ調整用のイヤーピースも付属しているのが嬉しい。

Loop Quietの利点

ここからはLoop Quietを使用して感じたメリットを紹介していく。

程よく聞こえる遮音性

Loop Quietの遮音性は、耳栓というよりも「自分の空間に入る」といった感覚。ガストで部活帰り学生が騒いでいても許容できる程度には静か。

遮音値は-27dB、普通

出典:サイレンシア

ちなみにLoop Quietの遮音値(どのくらい音を減らせるか)は-27dB。これは耳栓大手であるサイレンシアの製品が全て-36dB以上なので、耳栓比較ではそこまで静かにならないと分かるだろう。

しかし重要なのは遮音性の高さではなく、使い心地の良さだと私は思う。多少音が入ってこようが、メリットが大きければLoop Quietに軍配が挙がる。

水洗いできる

Loop Quietは全てがシリコン素材であり水洗い可能。耳垢が湿るカルマを背負った私にとっては、清潔感を保ち続けられる点で優秀。

小型軽量

画像で見ても小さいと思うが、実物は驚くほど小さい。ケース自体が500円玉をひと回り大きくした程度。

厚みもペットボトルキャップより少し高いくらい。持ち運びには苦労しないだろう。

睡眠との相性がいい

小型サイズで装着しながら寝返りを打てるため、睡眠との相性がすこぶる良い。従来の耳栓に耐えられなかった人でも、Loop Quietなら試す価値はある筈。イヤホンで寝落ちをした経験があればなお良し。

Loop Quietのデメリット

勿論メリットばかりじゃございません。数ヶ月利用した上でのデメリットをいくつか紹介しよう。

起床後に紛失しやすい

直前で紹介した通りLoop Quietは睡眠の質を上げてくれる。だが起床後に耳に装着されているかは別の話。勝手に外れたり、自分で外したりしてしまうのだ。起床すぐに枕周辺を探索する必要がある。

とはいえ睡眠の質は上がるし、寝た後のことは起きてから考えればOK。私はすでに割り切って使用している。

小さすぎて探すのが面倒かも

小型を押しといて何だが、バッグ等に入れると小型故に取り出すまで時間ロスが発生するかもしれない。イヤホンはケースが多少デカいので探しやすいが、ここまで小さいと困るかも。

ちなみに私は財布と一緒にズボンポケットへ入れている。小型軽量なので座った時でさえ違和感を覚えにくくてお勧め。たまに本当に入ってない時もあるけど。

2,000円でQOLが改善する

これらの特徴を踏まえて、2,000円とはまぁ〜非常に安い!…とは言い難い。サイレンシアの標準耳栓が600円程度で売られている為、相場の3倍近い金額となる。

だが以下のメリットを思い出してもらいたい。

  • イヤホンじゃないから作業に集中できる
  • 十分な遮音性と快適な装着感
  • 水洗い可能
  • 小型軽量
  • 睡眠時の寝返りも可能

これら付加価値を合わせて2,000円なのだ。生活の質が上がると考えたら相当安い。私は作業効率が上がったし、もし仮に起床後に紛失しても再び買い直す。それ程に買ってよかった商品と言える。

紹介した商品(Amazonリンク)

Loop Quiet https://amzn.to/3TVdaxp

参考文献

耳について – 騒音から耳を守る方法|サイレンシア®の耳せん
https://silencia.jp/about/way.html

Loop | QUIET – 公式サイト
https://modernity.jp/pages/loop-quiet