きゃたぬきの、おすすめ書籍一覧

こんにちは、きゃたぬきです!

このページでは、

私が読んできた中で、特におすすめの本を紹介していきます!

きゃたぬき

フリマ関係から、ライフスタイルまで、

厳選した本を揃えました!

本を読むなら、電子書籍がおすすめ!

フリマで本棚を減らしたのですから、

場所を取らない電子書籍をおすすめします!

その際は、スマホやPCではなく、

電子書籍リーダーを使ってみましょう!

初めて電子書籍リーダーを見た人は、

「えっ、これ買うお金で、本を買った方が良くない?」 

「スマホで読めばいいんじゃないの?」

そう感じるかもしれませんが、以下のメリットがあります。

電子書籍のメリット
  1. 読書に集中できる
  2. 暗い場所でも読書可能
  3. ブルーライトカットで、寝る前も安心
  4. 端末が軽い
  5. 小説なら数千冊分を持ち歩ける

個人的には①が大きいですね。

(スマホじゃ、気がつくと動画を見てしまいます…笑)

無論、これがないと読めない訳じゃないので、

検討リストに入れておいてください。

ちなみに、楽天をよく使用される方には、楽天koboをオススメします。

created by Rinker
Kobo
¥15,180 (2021/09/28 02:32:47時点 Amazon調べ-詳細)

大切なのは、本の中身です。

電子書籍でも、内容は変わりません。

ご安心ください!笑

それでは、おすすめの本を紹介しましょう!

物を売る

「フリマで物を売る」時に、

ぜひ覚えておきたい知識を、身につける書籍です。

行動経済学(心理学)

きゃたぬき

人はどんな時に影響を受けるのかをまとめたロングセラー。

行動心理に関しても、これ1冊を読み込むだけで十分に理解できます。

少々分厚いので、読書に慣れていないと辛いかも…

きゃたぬき

「行動経済学」の入門、ざっくり理解するのにオススメです。

アンカリング効果、保有効果など、有名な心理効果を分かりやすく解説しています。

購入専門のフリマユーザーも、無駄使い防止の知識になりますよ!

文章術

きゃたぬき

せどらー向け。

何を書けばお客様に響くのか、この2冊だけで網羅できます。

思考法

created by Rinker
¥1,650 (2021/09/28 02:32:51時点 Amazon調べ-詳細)

きゃたぬき

物に囲まれつつも「満ち足りなさ」を覚える、現代人必読の1冊。

いわゆる「ミニマリズム」の原点。

日本のフリマユーザーとの相性は、かなり良いです。

イライラしない思考法

人間関係について

created by Rinker
¥1,568 (2021/09/28 02:33:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥594 (2021/09/28 02:32:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥765 (2021/09/28 02:32:53時点 Amazon調べ-詳細)

時間の使い方

created by Rinker
¥1,505 (2021/09/28 02:32:55時点 Amazon調べ-詳細)

お金の考え方

節約

created by Rinker
¥748 (2021/09/28 02:33:05時点 Amazon調べ-詳細)

きゃたぬき

シンプルだけど、核心をついた節約思考が身に付きます。

専業主夫として、大いに参考になりました!

created by Rinker
¥1,188 (2021/09/28 02:32:57時点 Amazon調べ-詳細)

資産運用

きゃたぬき

「投資って、何か分からない!」

そう感じる人が、最初に読むべき本です。

ギャンブルではなく、堅実な資産形成を目指す人にオススメ。

きゃたぬき

資産を増やす為の正解を説いたロングセラー。

「一般人でも損しない」投資の大原則を理解しましょう。

有意義に使う

created by Rinker
¥1,584 (2021/09/28 02:32:59時点 Amazon調べ-詳細)

きゃたぬき

びっくりするタイトルですが、至極健全な1冊。

「貯金が増える=幸せ」と感じる人なら、必読です。

きゃたぬき

「寄付って、胡散臭いなぁ」と思いつつ、してみたい人へ。

寄付行為の利点や、団体運営の背景を知ることができます。

その他、影響を受けた作品

小説

created by Rinker
¥832 (2021/09/28 13:16:15時点 Amazon調べ-詳細)

きゃたぬき

集団から抜け出そうとする「異端児」に焦点を当てた作品。

私が最も読み返した小説です。

ちなみに、完全版じゃないと作品の真意は理解できません。

漫画

きゃたぬき

「ライアーゲーム」でおなじみの甲斐谷忍先生の作品。

才能の壁を、戦略・努力・知識で覆す過程が魅力。

ちなみに野球漫画ですが、ルールを知る必要はありません。