【匿名参加OK】LINE公式オープンチャットを開設しました!詳しくはクリック!!

遠距離恋愛の転職で注意するべき5つのポイント

きゃたぬき
この記事を書いた人

嫁のヒモニート犬

3年弱の遠距離→結婚
転勤が嫌で、新卒1年半に退職。
投資・せどり等で月平均20万の収入

遠距離解決の情報を公開していきます。

Twitter→@CATANUKI

YouTube→きゃたぬき 遠距離恋愛の解消

Follow me!

こんにちは、きゃたぬき です。

先日に下記のツイートをしました。

✅遠距離解消の為の転職で注意する事

1、相手は転勤しないか

2、相手は転職を考えてないか

3、相手の異動に合わせられるか

4、新しい会社は転勤があるか

5、土地の問題

転職して引っ越せば遠距離は終わりますが、懸念材料は割と多め。特に相手のワークライフプランは、しっかり確認しましょう

転職して遠距離恋愛を終わらせたいと考える方へ。

以下のポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

注意するべき5つのポイント

冒頭ツイートのとおり、順番に解説してきます。

1.相手は転勤しないか

「せっかく会社を辞めたのに、相手が転勤しちゃって…また遠距離だよ」

割と見失いがちなところです。

こちらが転職して引越した矢先、

相手が遠くに行ってしまったら無駄になります。

2.相手は転職をしないか

最初の項目と類似していますが、

相手が今の会社にずっといる保証はありません。

自分の天職につける人の方が少ないので、

相手の将来ビジョンを確認しましょう。

3.相手の異動に合わせられるか

一応、念のため。

異動・・・仕事内容、勤務地、在籍する法人などが変更となるような業務命令一般

転勤・・・勤務地変更を伴った”異動”のこと

https://www.e-roudouhou.net/archives/1373

引越はしなくとも、役職や拠点の変化はあり得ます。

係長→課長になれば、

それだけパートナーの管轄が増え、仕事量も増加します。

拠点の移動がない!と確信できれば良いのですが、難しいですよね。

4.新しい会社は転勤あるか

person walking holding brown leather bag

次は、こちら側の問題です。

遠距離の解消を目指した転職なのに、遠くへ飛ばされてはいけません。

意外と見失いがちなパターンとしては・・・

  • 最近、新しい拠点を作っているベンチャー
  • 常駐型のSE系
  • 2〜3年程度の海外赴任ケースをHP掲載している企業

これらの場合、近く飛ばされる可能性が高いです。

引越しはしなくとも、通勤で1時間以上かかるケースが予想されます。

5.土地の問題

Landscape, Meadow, Field, Switzerland, Nature, Green

最後は土地に関する話です。

都会→地方なのか、地方→都会なのかにもよりますが、

大方困るのは【都会→地方】のケースです。

男女差別、飲みニケーション、近所付き合い、贈り物…

今のご時世に・・・?と思いますが、

地方は結構な確率で、昭和の風習が残ってます。

こればかりは、パートナーからの情報頼りになりがちです。

パートナーと何を相談するべきか

遠距離解消の為の転職について、

何を話し合うべきか解説していきます。

自分がしたい事

「とにかく稼ぎたい」「軽く働いて、最低限の生活ができれば良い」

あなたがしたい事を、パートナーに話した事はありますか?

恥ずかしくて言えないかも知れませんが、きっと真剣に受け止めてくれますよ。

仕事ではなく、人生で何がしたいか

転職のトピックで言うのもあれですが、

自分のしたい事を会社で叶える必要はありません。

仮面ライダーになりたい!

→(就職)スーツアクターで働く

→(趣味)コスプレで披露する

会社を「お金を稼ぐ為の道具」と割り切って大丈夫です。もしかしたら、社内にいる窓際族の中には、完全に割り切っている人がいるかも知れません。

相手がしたい事

Beautiful, Woman, Face, Young Woman, Portrait

相手もまた、やりたい事があると思います。

こちらも同様、難しい事でも良いので、隠さずに共有してくださいね。

世間体は一度、無視してみる

一般的な風潮は気にしなくてもOKです。

仮にですが、自分が相手を養う上で、

専業主婦(夫)という選択を取らせる事もあるでしょう。

現在の世間体だと逆風がふいてる選択肢ですが、それは一銭も稼がない人に対してです。

働かなくても水道光熱費などの生活費分くらい、

家で稼ぐ手段は豊富にあります。

意見をすり合わせる

双方の願いを共有できたところで、

互いの希望をなるべく広く叶えられる選択肢を出していきます。

とは言っても、これだけだと不十分なので、簡単な具体例を出していきます。

スポンサーリンク

モデルケース1(東京〜大阪)

東京の彼氏(社会人)と、

大阪の彼女(社会人)でのケースです。

したい仕事はない。最低限の生活ができる収入と、趣味に生きていたい。

今の仕事が天職。別に転勤するつもりは無いし、飛ばされる事は一切ない。

この場合なら、彼女側に合わせて動くことが最適解です。

彼氏の選択としては、

  • 場所に関係ない稼ぎ方を目指す
  • 大阪で就職する
  • 専業主夫になる
  • 生活費だけバイトで稼ぐ

といった感じになります。

モデルケース2(愛知〜東京)

愛知の彼氏(大学生・就職決定)と、

東京の彼女(大学生)でのパターンです。

就職は愛知。でもこの仕事を続けたい訳じゃない。彼女に来てもらう無理強いはしたくない。

今はどこに就職したいか分からない。海外も視野に入れている。私のせいで彼の人生は狂わせたくない。

彼氏は就職しましたが、彼女はしたい事を模索中。

もしかしたら海外になるかも知れない。でも互いに、相手を引き寄せるのは悪いと感じている。

即決できませんが、解決に向けた指針として…

  1. 彼氏→場所に囚われない稼ぎ方を体験
  2. 彼女→信念を曲げずにやりたい事、働く場所を探す
  3. その間、遠距離を全力で継続する
  4. 互いの意見をすり合わせる

このような形になります。

私情を挟むと、会社と場所を問わない稼ぎ方は結構ありますが、それを知らない人は結構います。

まずは話し合いましょう

具体例と書きましたが、あそこまで簡単に行く例は少ないはず。

片方の意見をへし折る必要はありませんが、双方が納得のいく解答はきっと見つかります。

行動してくださいね!

この記事を読み終わったら、すぐにパートナーとしっかり話してください。

行動に移す割合は100人中、2〜3人。

「今はちょっと…」で先延ばしにして後悔しない様に、動きましょう。

頑張ってください。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました